スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボブ・フィックスさんの瞑想に。

bob-meditation.jpg

昨日の朝、コスモスが12月に入ったのに元気に咲いているのを発見!今年は日本でコスモスを見なかったから、なんとなくうれしくなった。昨日、今日と東京まで。20世紀の偉大な瞑想師、マハリシ師の愛弟子だったボブ・フィックスさんの瞑想会に参加しています。

やはりパワフル過ぎて、午前中の2回の瞑想とも、終了後も頭がグルグルが止まらない~!溶けてしまった物体になった感じでも、女子5名でランチへここへ。

bob-meditation5.jpg

お蕎麦屋さんですが、格式が違う感じ。サービスはまあまあでしたが、美味しかったです☆ 

bob-meditation2.jpg

ここの部屋に通されましたが、寒かった~!でも、そこは女子5人組、話しているうちに温まってきました。(笑)

bob-meditation3.jpg

季節の牡蠣そば。最高~!北海道の確か、登別からの牡蠣らしく、プクっと太った身と、柔らかいのにしっかりとした食感があり、中も自然の海の甘さがあって、これだけで幸せに☆

bob-meditation4.jpg

もちろん、お蕎麦も出汁の効いた汁も素晴らしかったです。ただ、汁が私には、塩分が強過ぎた感じ。でも江戸前なのだから、それも当たり前ですね!器も、良いものでした。

このころには、すでに頭の芯までちゃんと地上に存在していました!(笑)

ボブさんのお話は、私の心に響くものばかりでしたが、瞑想の時間のあれは何!?というぐらいに、高次元。うちで一人でするときも、たまにこれに近いようになりますが、滅多にないこと。

カミーノに行ったときも、言葉が出来る出来ない(スペイン語が出来ないことは心から残念に思った!)って、案外とウェートを占めるなと思いましたが、今回も彼の言わんとすることを彼の言葉そのものをダイレクトに理解できるのは、通訳の言葉を通すよりも大切だなと思いました。

同時通訳を1日ぶっ通しでするのは、集中力もかなり消耗して、通訳をした瞑想教師の方もさぞかし大変だったと。私には到底できないこと(日本語の語彙が少ない+即座に正しい日本語が出てこないから)なので、心から敬服しました。

ただボブさんの言うことをダイレクトに理解できるのは、やはり恩恵だと思いました。私はトリリンガル(3か国語堪能?)ですが、今まで、どの国の言葉も中途半端のような気がして、引け目を感じていました。フランス語にはもちろん一番引け目を感じますが、カミーノでたくさんのフランス人に出会い、深い話しをして、案外とこれがちょっとした自信に繋がったのです!

さて、残りは今日の1日。楽しみです。ひとつ会得したのは、自分の頭の中はマインド(意識・エゴ)の言葉でいっぱい、それもそれがかなり歪曲されて(今までの自分の経験や、親や教師から学んだことなども含めて)自分の心に届いて、それで物事を判断しているということ。物事や人をきちんと判断できないのに、そうやってレベリングしているなということ。つまり、本来の姿を見ていないのに、自分の色眼鏡を通して見ているのだと、改めて思いました。

これを理解出来ただけでも、成果。これをやめるのには、ヴィパッサナー瞑想がいいらしいです。今、本を読みかじっている最中。何も、変な人になっているわけではないですよ~!尼さんになるわけでもないし。

宗教など関係なく、洋の東西も関係なく、”Do not judge." (審判するな。ありのままに物事を見なさい、受け止めなさい)と言われるのは、人間はやはり『色眼鏡」を通して物事や人を判断する傾向があるからでしょうね。この判断ゆえんに、悩みが生まれて来て、自分の『妄想』で苦しむのはやめたいかなと。

つまり、本当に成熟した心を持ちたいと思っています。人をあるがまま、物事をあるがまま見ることの美しさや完全に受け入れることの大切さを学びたいと。カミーノで、自然をあるがままに受け入れたときに、言葉では言い表せないほどの境地を垣間見たので、それを普段の生活でも、と思います。あの平静な無明の境地は、完全なバランスと感じています。

完全に開放されたら、素晴らしいけれど、それは聖人や仙人、あるいは高僧レベルでしょうから、それらの方々の足の爪の先ぐらいに届いたら、うれしいです!もっと、人や物に心から優しくなれる人間(優しくというのは語弊があるけれど、つまり、『ありのままに受け入れる』=これって無条件の愛だと思います)になれたらと。

すごく難しいことだけれど、それを目指して。もちろん、完全じゃなくてもOK!それが自分なのだから、そういう不完全な自分でもOK!だけれど、たゆまぬ努力だけは細く長く続けていくという心構えで。

今日は難しいことを書き連ねましたが、こういう自分も容認☆ これは私。それでいいんだよ~。真面目過ぎても、不真面目でも、どちらでも

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

EM☆

french-trip.jpg


瞑想は毎日2回、ほとんど続いている。98%ぐらいかな。笑 1回30分だけれど、最初の頃と比べて時間が気にならなくなった。あんなに雑念が多かったけれど、この頃はそれもだいぶマシになって来たかもしれない。もうすでに変化があり過ぎて、瞑想なしには過ごせないと思う。

リラックスするのには最高♪

それで、脳も体も休まるので、夕方からの仕事も苦痛にならなくなった。それが一番の収穫だと思う。

french-trip2.jpg

この間の水曜日はグループ瞑想会へ。また今週にも。個人でするよりも、グループで一斉にすると、すご~く深く瞑想出来る。不思議だけれど、それだけ集中力が高まっているのだと。

2回続けて瞑想する。その2回目にすごく不思議な体験をした。今まで聞いたこともないような言語が心の中で浮かんで来て、次第に自分自身がその言語を心の中で言い始めた。まるで知っているかのように。全然、自分でなんと言っているのかも分からない。ラテン語に起源する言葉でもなく、アジアの言葉でもない。

とにかく不思議な言葉だった。途中、はっきりと右側から、男性の声で「EM(エム)」と聞こえた。瞑想中は、いろいろとあると知っていたので、隣の男性がその言葉を発したのだと思っていた。ちょうどその時、私も「EM」で終わる言葉を心の中で発していたので、思わず微笑んだ。面白い!と思ったから。笑

french-trip3.jpg

2回の瞑想を終えて、日々のことや瞑想のことを1人1人発表するのだけれど、私の番でこのEMの出来事を言ってみたら、誰も隣の男性がEMとは言わなかったということだった。本人も???という顔をしていたので、私の方が、大きな声で「うそっ~!」と叫んでしまった。確かに聞いた!あまりにものシンクロにおかしかったので、笑ったもん。

でも、先生がEMで終わる言葉は、聞き取れなかったけれど、ある言語に多いらしい。それも、瞑想に関係ある言語らしいから、不思議なことではないとのこと。それだけ瞑想に入っていたと言うことでしょうと、いうことだった。よかった。

ここまで読んで、私がだんだんおかしくなっている!と思った方、それもあり。笑 ただ私にとっては、自分がとうの昔に封印したものが瞑想によって出て来ているのかと。瞑想の師も同じことを言っていた。彼に最初に会ったときにあることを言われた。当たっていたので、否定はしなかった。印象に残っているのは、「あなたみたいな人は、目の力が強いからすぐわかるのですよ」と。同じことは、アメリカでも、韓国でも、人に言われたことがある。でも、私はフツーの目を持つ。笑

ただ私は人と目を合わさない時期がある。無意識に外す。その人の気を吸わないように。ぶっきらぼうに話すときもある。それは人に多大な関心をもたないように。余計なものは拾わない、もらわない。

小さなときから、それに気付いていた。最初は、あまりにも自分が幼な過ぎて、自分に起こることがよく分からずに親に言っても、不思議な子としか受け取ってもらえなかった。でも、それが当たると親も次第に気味悪がって、私が話すことを嫌うので誰にも言わなくなった。父方の叔母がそういう力を持っていた。

ただいろいろとその自分が持っている力が、重荷になって30歳になったのを気に、封印した。その仕方も知っていたのだから、不思議なこと。普通に過ごせることが一番いい。

french-trip4.jpg

そして今に至る。知らないことは幸せなことでもあるし、その反対でもある。それを決めるのは自分。なんでもそうだな、きっと。

french-trip5.jpg

でも、当の本人はいつも天然、ゲラゲラ笑う、うるさい人間です。たま~に素に戻るとき以外は。

さて、あと1週間で一つのドアを閉める。締めくくり~!すご~く充実した毎日です、こんなに濃い毎日を過ごせるのは幸せなこと。感謝♡


テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

少しずつの覚醒☆

dawn.jpg

私のしている瞑想はフルフィルメント瞑想というものですが、最初のコースはハートマントラ。このヤントラとマントラを伝授していただくと、すぐに瞑想に入れてしまうというしごく不思議かつ、合理的なもの。ただ、浅いときには雑念も多く、『果たして本当に瞑想できているのか?』と思いますが、出来ていることを実感するのは、やり終えてすぐに体が覚醒しないこと。5分の目覚め時間が必要です。30分の瞑想で、1時間の充実した睡眠時間と同じということです。1度、本当に瞑想できているのかどうかと思い、この目覚め時間を2分に削ったら、頭はクラクラ、体もイマイチしゃんとせず… 瞑想が浅くて雑念が多いということは、それだけ解放するものが多いということで、Just let them go!

dawn2.jpg

そう、雑念まみれの自分を許して、すべて出し切るまで抗わないこと。これをこの4日間ぐらい、1日2回30分ほど瞑想したのですが、まあ、出てくる出て来る、雑念が。笑 「おなかすいた」から、「もう座っているのに飽きた」まで。ちょっとイライラすることも。ところが、終了すると心が穏やかで幸せなのですね~!

dawn3.jpg

ハート型のような蓮根の葉っぱ。

こういうのを見ても、すぐにハッピーになれる。特に今は、従来の私なら、もうすでに状況的にパニックになっている状態でしょう。だって、9月からのことが見えないのですから。だけれど、私の心は、『今ここ』にあって、十分に幸せなのです。もちろん、9月からのことも考えますが、「どうにかなるから大丈夫」と思え、それよりも今の状況に幸せを感じ、そして感謝しようと思う気持ちが生まれて来るのが不思議。

dawn4.jpg

この2年近く、たくさんの本を読んで来ましたが、ほとんどがビジネス関係と引き寄せの法則関係や、セルフモチベーション系ばかり。笑 そして、実際に無の状態から自分の夢を果たして、30代前半でセミリタイア、今は好きなこと&情熱を掲げるもの(彼の場合は有機農業らしいですが)に、お金をつぎ込んだり、自分の好きなビジネスをして世界中をまたにかけている人に出会いましたが、やはり彼もそれ関係の本から始まってかなりの本を読むらしいです。

本ばかりではなく、自分を高めるためにセミナーも座禅も。それに、フツーの人が聞いたら、「眉唾」もののリチュアルやアファメーションまで。つまり、自分を揺るぎなく保つためにいろいろと努力しているのでしょう。

dawn5.jpg
(この画像の手前の人は、9~11歳ぐらいの男の子、早朝過ぎて、釣りしながら、椅子にもたれて眠っていました。笑)

彼(その時のセミナーの講師を務めた)もそうですが、やはり、私はアメリカ生活の最後は超富裕層の間で生活して来た(一番仲の良い年上の友達が、そうだったので、その関係の友達や知り合いが私の周りには多くいた。特に、住んでいたユタ州のパークシティには、生まれつき、すでに自分専用のプライベートバンキングの口座があって、そこに一生分、どんなに贅沢三昧しても使い切れないほどの資産を持った子息子女がたくさんいました。働かなくてもいい人たちです、生まれつき。プライベートジェット機を持つ人々も多かったし。生まれつき、超富裕層なので、幼いころから自分専用のドライバーと乳母がいたという人も。ただし、そういう人たちはみな、腰が低くて謙虚、一見、大金持ちには見えません。ただし、目を見ると違います。眼力があるのです。怖いぐらいに。)ので、彼らの特別な宗教観もあるのでしょうが、フツーの人たちとはちょっと違うものを感じました。実際に私も、その友人宅に居候していた時期(フランスから戻り、パティシエとして就職するまで)があって、その家族の生活を『家政婦は見た』のようにつぶさに観察しましたよ。彼らはある意味、ストイックで自分を律し、家族を大切にして、プライベートな時間も、奉仕に捧げる時間も楽しんでいるのを見て来ましたが、やはりそうあるようにどこかで努力しているのです。

流されない、揺るがない。自分を大切にして、愛す。家族も社会も大切にして、豊かさを回す。

私が流されない、揺るがない、自分を大切にして愛すためには、どうしたらいいのか?と思っていたら、瞑想に行きあたりました。自分を相当長い間、見失っていたので、本来の自分に戻るための手段としては瞑想がいいのでは?と思ったからです。

dawn6.jpg

そうしたら、Bingo! どうやら、私にはぴったりのようで。今は、いろいろと自分の心の中のものと折り合いをつけているようです。笑 
dawn7.jpg

瞑想とヨガ、そしてさまざまなことをしながら、自分の中でネガティブになる部分を改善すること。書くと簡単ですが、これがなかなかです。瞑想の先生に言われた通りに、私が試されることが出て来ました。あ~あ、と思いつつも、そこからすぐに立ち直る方法を自分で探すこと。

だって、心が暗かったり、モヤモヤ、怒りやショックや恐れや苦しみといったものから解放されない限り、ポジティブになることは一時的には可能でも、ず~っとは続かないですもん。意志の力でポジティブになっても、それに持続性はなくて無理があるから、どこかで崩れるときが来る。あるいは自分の持つ想像力の産物の方が、意志力で生み出すものの方よりも、はるかに大きいのです。

恐れや不安とは、だいたいが想像力が生み出した産物であって、漠然としているのに、どんなに硬い意志をも砕いてしまう時があるからです。だから、人が成功できない理由は自分の中に潜んでいるyour own demons(汝の敵は汝)のせい。それをうまく乗り越えるのには、やはり自分なりの対処法が大切だということなんでしょうね。

dawn8.jpg

それなら、自分なりのそのネガティブ時の対処方法があったら、ちょっと何かあっても、「いや、待てよ。ちょっとケアしちゃおう!」と思えるでしょう。それも対処方法は少なくても3つぐらいあったら、いいかなと思います。

昨日、自分の秘めている影の部分が不意に出て来ました。とても嫌な気持ちを味わうことになりましたが、その対象法は寝ること(すごく疲れていたので)、それから今、夢中になっていることの調べものと、それに対する本を読むこと(気持ちがワクワク明るくなる)、そして瞑想(結果、そういう弱くて暗い部分があっても、いいのだ。それをよい解決策に持っていく方法があるから、少しずつ変えて行こうと前向きに)と、3本立て!

何よりも、そういう自分を許し、認め、愛すること。仕方ないねぇ、でもそのままでもいいんだよ、と。まずは、そうやって、そういう弱い自分をもいったん、ありのまま受け入れると、安心感が生まれて来ます。そして、その安心感が「やはり、こうしよう」という正しい解決策を導いてくれるような気がします。

それは、親が小さなわが子のいたずらや悪さを見ても、その行為そのものは悪いけれど、その子の本質は愛すべき存在だと容認するときに子供は、安心し、『悪いことしちゃったから、もう次はこんなことしないことにしよう』と案外と自発的に変化していくのと同じプロセスではないのかなと思います。

dawn9.jpg

この頃、時々、朝のウォーキングを楽しんでます。なんと言っても、同じ風景、同じ時間帯なのに毎日、空の様子が違うから。毎日が、最高の芸術作品を見ているような感じになります。

まるで、ターナーの絵の世界のような朝。

dawn10.jpg

あまりにも美しくて、しばし見惚れていました。

dawn11.jpg

いつもいる白鳥の群れ。だけれど、アヒルのアフラックがいない… そう言えば、このごろ見かけていないなと思い、いつもこの湖の周りをボランティアできれいにして、野鳥たちにエサをあげている男性にアフラックのことを聞いてみたら… 今朝、見ましたよ、のことでした。でもどこかに行ってしまったようです。この暑さで心配していますが、元気のようです。よかった~!

そんなことを考えながら、公園に向かいました。

そして、湖の際まで来たところ… 

dawn13.jpg

アフラック発見~!!!思わず、顔がゆるみましたよ。だって、また引き寄せた!笑 アフラックは、仲間のドロシー(私が勝手にそう呼んでいた美しい模様のアヒル)が大きな台風の翌日からいなくなってからは、警戒心が一段と強くなって、人が近づくと逃げるようになりました。以前はドロシーがその役割で、アフラックは人が近づこうが関係なく動じないアヒルだったのです。でも、そうやって賢くあり、ドロシーの分まで長生きしますように☆

dawn14.jpg

さまざまな蓮が植わっている池はまだまだ花が咲いています。そこから眺める朝日も格別~♪

影の部分の自分と光の部分の自分。どちらも私。どちらも大切。両方揃っているから、バランスが取れて中庸が取れる。よい部分は60%に保てれば、それで十分だと知ってからは気持ちが楽になって、もっと自然のままの自分でいようと思えるようになりました。

dawn15.jpg

それにどんなに頑張っても、うわべだけだったら、メッキもはがれる!笑

dawn16.jpg

蓮の花は良い香りがするので、いろいろなハチたちが蜜集めに。ときどき、花粉にゴロゴロと転がりながら、花粉まみれになっているハチも。ひとつの蓮の花の中に5~6匹ものハチが忙しく蜜集めしているのを目撃することも。見ていると、人間模様ならぬハチ模様が。お互いに気を使いながら、飛んでいるのが観察していると、よく分かります。

dawn17.jpg

ここの風景、ヨーロッパ!ポプラが湿地帯でグングン伸びている図。エスチュエールと呼ばれる夫の実家の近くの湿地帯の風景にそっくりなのですよ、この構図が。私、いつも風景や物はいろんな角度から眺めてます。そうすると、発見があるのですね~☆

dawn18.jpg


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

初めてのMeditation♡

niverna.jpg

興味津々で、瞑想へ。阿部敏郎さんの本を読んだのがきっかけで、その瞑想を知った。いろいろとリサーチして、今の私にピッタリかもと思い、参加してみることにした。思えば、あのSteve Jobs(スティーヴ ジョブズ)にしても、The Secret(ザ・シークレット)に出て来るマスターたちも瞑想を常にしているし、する方が良いとさえ書いてあったので、何も悪いことはなしと思い立った。

ほら、日本にいると、瞑想とか座禅、いや、まだ座禅はいいとして、瞑想と言うとなんだか怪しく聞こえるでしょ。欧米では、Meditationをすることは悪いことでもなんでもなく、フランス語でも”Rester-Zen"(落ち着いて、静かな心でいること)と頻繁に言うし。私の考え過ぎかもしれないけれど、なんとなく瞑想するというと、日本では『特別』感があるように思う。

で、結果。

niverna2.jpg

どんなに初心者でも、その方法(マントラ=言葉とヤントラ=曼荼羅みたいな幾何学模様)を伝授されて、プージャという儀式を受けると(ああ、こんなことを書くと、ますます怪しい感じが!笑)、誰でも自然に空(くう)の心境に行けるらしいとのこと。

もちろん、瞑想するときに、いつも同じ状態で入れるわけではないらしいし、雑念が浮かぶこともあるらしいし、その反対のときもあって、いろいろだけれど、その効能を読んでいたら、やってみよう!という気になった。

アメリカで大ベストセラーになった”Eat, Pray, Love"の本は、ジュリア・ロバーツが主演で映画化されたのでも知られているけれど、主人公のように私はいつかインドにヨガと瞑想をしに行ってみたいとも思っている。

前置きが長くなりましたが、最初の瞑想は、先生と一緒にするのでかなり空が広がりました。もともと私は霊感が強い方(今は、封印していますが)なので、体質的にストンと落ちます。笑 

青い龍が現れて私に美しい見たこともないような玉をくれました。それを両手で抱えて、落とさないように落とさないようにと恐れににも似た感情があったのですが、最後に落としてしまい、あああっ~!と思った瞬間に『それでよい』とはっきりと聞こえたという、何それ?と思うような画像が見えていました。

『落としても大丈夫。その玉は実は自分の中にあるから、心配する必要はない。いつもそこにある。』 その時の安堵感。思わず、感謝の涙が… ああ、ここまで書いたら、ヤバ過ぎる!?でも、とても温かく、優しい心地よい空間に終始包まれていました。

そして、その龍の背に乗って、広い宇宙から地上の上空まで飛んでいました。龍のウロコを触りながら、それが何とも言えず気持ちよくて、深い愛を感じました。

そして、心に強く響いた言葉が”I am." 英語圏で聖書を読んだことがある方はよくお分かりかと思います。そう言えば、斎藤一人さんも言っていましたね。私たちは自分の中にそれぞれ神様がいらっしゃると。

こう書くと、私は宗教的と思われてしまいますが、どの宗教もやっていないし、ただ神様とか大きな存在は信じる程度。どちらかというと、私はとても人間臭い。笑

今朝は瞑想3回目(朝夕に30分ほどする)でしたが、浅く雑念ばかり。笑

だけれど、それもありらしいですし、ところどころ深く入ったところもあったので、初心者としてはOKかと。物事に動じない気持ちを持ちたいと思って始めた瞑想、これからどうなることやら!?

niverna3.jpg

私は完全な人間ではないし、いろいろと煩悩が多過ぎるから、ちょうどいいのでは?と思いました。それに、これからやりたいことはかなりのブレない気持ちが大切で、その師から瞑想か座禅を勧められたということもあってのことです。ああ、それは全然スピリチュアルなことではなくて、すご~くその反対!爆笑 分析力も大切ですが、何よりもメンタルを強くしないといけないので、後者が弱い私はまずは、最初にそちら側から進めて行こうと思いましたよ。

どちらにせよ、この1年、自分で気になっていたやりたいことは学んで実践していこうと思いました。そして、それからのことは、後から決めるのでも遅くはないでしょ!?

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

sidetitleプロフィールsidetitle

minou

Author:minou
マレーシアのスバンジャヤで、ミーシャとカリッシと夫と生活中。 
好きなものは、美味しいもの、旅行、美しいものを見て写真を撮ること、瞑想、ヨガ、絵を描くこと、まったり独り時間。
楽しく愉快な毎日を過ごしています♡




sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
名作ゲームソフト
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。