スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blissful Day!

blissful.jpg

今朝はミーシャに朝の4時に起こされた。毎朝4時に目覚まし時計のごとく、私たちを起こしに来る。夫はそのまま眠れるのだけれど、私は起こされると、二度寝できないので、仕方なく起きる。笑 まだ、4時半だってよ~!とブツブツ言いながら、外を見たら天気がいい。それなら、朝のウォーキングに行ってしまおうと思う。だって、やはり蒸し暑いから、早朝の方が何でもいいよね、きっと。

blissful2.jpg
(これは、この間、昼間に)

このあたりは昔、湿地帯だったらしく今はレンコン畑が広がっている。そして、公園には様々な種類のロータスたちが。蓮なら、何でも蓮根として食べられるの?と思う。笑 食べるのが好きとなると、こういうことも自然的に疑問に。どうなんでしょ~!?調べてみよう~☆

blissful3.jpg

昨日の記事を書いて、頭の中が整理されたらしく、今朝はなんと1ヶ月ぶり(最後が6月16日だった)にGratitude Journal(感謝日記)を書けるようになった。そして、朝ヨガまで!!!少しずつ朝のRitualsを取り戻せたら、いいな。そうしたら、気分まで爽快すっきり~!

今日は気持ちが軽い。こんなの久しぶり。今までは、案外と一晩寝ればケロリとしたのに、今回のことは1ヶ月ちょっとかかった… それだけショックだったのかもね、何よりも、自分の本当の気持ちが分かった事に対して。

人の夢が自分の夢だと信じて疑わなかった。それが私の夢であったと信じて来た。だけれど、私の本心はそのギャップに気づいていて、この5年間、何度もSOSを出していたのに、それは私の怠慢な気持ちからと思っていた。

blissful4.jpg

昨夜、義母からの電話で夫が語った本心は私のいじけていた心を溶かした。そう言えば、彼も苦しかったはず。それを忘れていた!そこには、自分の『あきらめない気持ちと、これからのプラスの展望』が、表れていた。そして、私に対する思いやりも。彼の前向きな心意気を感じた。そうか、彼はそういう気持ちだったんだと悟った瞬間。

blissful5.jpg

私だけが過去と『出来ない未来』に向かっていた。アカンですわ。

blissful6.jpg

そうすると、どうしても考え方も視野も小さくなっちゃって、自己憐憫になっちゃう傾向が… そうだ、今が大切だった。今日、考えたことは未来の先行投資。今の自分は、以前の私のあり方が現れたまで。

blissful7.jpg

このロータスの蜜は甘いんだね。常に5~6匹のミツバチさんが群がっていた。

blissful8.jpg

さて、どんな花を次に咲かそうかな?笑

blissful9.jpg

青い空と雲のたなびきが、いい感じ。

blissful11.jpg

Such a bissful morning indeed!

blissful12.jpg

相方は、相変わらず自然体~☆

iphoneでもかなりいい写真が撮れるので、今の携帯はすごいなと思います。何もデジイチなくても、OKなのかも。いや、質が違うんでしょうね。画質とか、いろいろと。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

まだまだ夜明け前☆

julyeighteenth.jpg

昨日は、人生初のあまり好ましくないことをしでかした。それも、それに気づかずにボ~っと過ごしてしまい、やはり私はどうにかしてる… 幸いだったのは、何事もそれでなかったこと。そのことに心から感謝☆ このごろ、どうしたの?と自分のあり方を心配+疑問視するような失態を犯すことがある。つまり、心が『ここ』にあらず、あちこち彷徨っているからだ。

幸い、私の場合、仕事上は夫とCちゃんがいつもいるし、そしてたまにNさんやあやたろうもいるから、たとえ私がこんな状態でも、みんながカバーしてくれている。そのことにも感謝。

みんな、きっと私を『いつもよりも、ひどいよ、どうしちゃったんだろう?』なんて、思っているけれど、優しく、時にはイライラしながらカバーしてくれている。

julyeighteenth2.jpg

こうやってみると、いろんな面で私は周りの人々から助けられているね… ありがとうございます。

julyeighteenth3.jpg

この間、いつものように夜9時ごろ眠ってしまい、朝1時過ぎに起きてそれから眠れなくなったときのこと。あまりにも夜明けがきれいだったので、意を決してウォーキングに。それも4時半ごろ!その頃だったら、おそらく人がいないだろうと思って出かけてみたら。いるいるいる!ビックリ!それも公園に行ったら、かなりの人。笑 ランナーもいたいた!

う~ん、日本ではどこ行っても、どの時間帯でもきっと誰かに会うのかもしれない。

今は、独りでいることが一番好き。ミーシャのかまって攻撃を受けると、悲しくなることもあるけれど、遊んでいるうちに心が晴れるので頑張って相手をしている。

julyeighteenth4.jpg

進行方向に鳥を発見。

julyeighteenth5.jpg

大きなカモが2羽。近くに寄ったら、やはり飛んでいったけれど、道を歩いていたのでやはり朝のお散歩中だたのかも。笑

julyeighteenth6.jpg

今は、I'm in a mess! 夫の欲しているものを2つも奪ってしまったと、後悔している。ひとつは子供。流産続きで、最後には高度不妊治療を何度もしても無理だった。治療を受けるときに彼に最初に言われたことは、「君の仕事は子供を産むことだ」。どんなに頑張っても、韓国から日本に治療に来ても無理だった。ボロボロになった心と体。最後に彼が、「もういいよ、これ以上、苦しまなくてもいいよ。よくやったよね」と言ってくれて、解放されたホルモン剤とステロイド剤。

あの時も今のような気持ちだったよね、私。行き先が見えなかった。やっと苦しみから解放されたのに罪悪感と、自分の不甲斐なさに怒りもあって。だけれど、立ち直ったのがお菓子作りだった。砂糖は体を冷やすし、小麦もよくないからと妊活中には封印していた楽しいお菓子作りを始めた。

julyeighteenth7.jpg

ところが、それを仕事としてしまったら、新たなチャレンジが次々と。やっと軌道に乗って、経営以来、黒字だし、順調に売り上げも伸びて来ているという時に新たな夢のために邁進中に起こった出来事。すべてが決まって、後はそれを形にするだけになったのに、どういうわけか想定外のことが起こって、よく考えた末にそれを諦めた。

その事情を知ったうえで、そうなったことは幸運だったと全員が言ってくれるけれど、『それなら、また新しく探せばいいだけのこと』と何人も思ったことだろう。日本人は皆、そういうところはわきまえていて、余計な質問はしない優しい人が多い。

私はただその出来事の顛末に心底がっかりして、何もやる気がなくなってしまったと信じていた。

ところが、伊勢にお参りに行ったら、見えたものがあった。

julyeighteenth8.jpg

私は疲れているのだと、認められた。それも、ずっと無理に頑張って来て、さらに拍車をかけて頑張ったのに、と。こういうことは当たり前で何ともないことなのに、案外と繊細な私には5年間の無理が溜まってしまって、もう動きたくないというのが本音だということが、明らかになった。

これって、意外とショック!自分の弱さの故、夫の夢を台無しにしたと思うと、さらに落ち込んで行って… う~ん、私は下げまんだ。

julyeighteenth9.jpg

だけれど、斎藤一人さんふうに言うと、『私は成功者』なのだ。それが今の私の限界で、今は無理だと分かったのだから。他にやりたいこともあるということも分かったし、他の方法で夫の夢を叶える方法もあるし、可能性は無限大。

今は、休んで頭がクリアになったら考えればいいでしょと、人生の師に諭された。

そう言えば、自分のことは後回しにして5年間、精一杯やったね!もちろん、一休みしようなんて、そんな呑気でどうするの?ということもあるけれど、急がば回れとも言うし、無理なことを無理すると後から大変になる。それなら、遠回りでも一休みして、その間にもっと良い方法なり、別のことを模索してもいいのだ。

あの高度不妊治療の結末が私にお菓子作りを再開させることの一因になったのだから、今度の出来事から新たに何かが生まれてくるかもしれない。そうすれば、お菓子作りに、それも加わって私は、一人さんに言わせると、『成功者』になる。

何も失うことはない。たくさん学んで人間的にも少し器が大きくなったのだから、それに感謝しよう。

あと5年後に、「あそこであんなふうに決断してよかった」と喜んで言って、楽しく、そして豊かな自分がいることを信じよう。それには行動が必要なのだけれど、今は、ケア時期なので静かにしていることに。そのうちにまた行動したくなる時を待てばいいのだ、心から。

sleeping-misha2.jpg

スコ座り(スコティッシュフォールドがよくこんな風に座るらしい)をするミーシャ。これ以来、していないけれど…




テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

スコティッシュフォールドフォールドなのに立ち耳キャット☆

young-misha.jpg

ひときわ大きな耳が立派なミーシャは、一応、スコティッシュフォールドだけれど、耳が折れていません。笑 兄弟4匹中、耳が立って生れて来たのはミーシャともう1匹だけ。その子はまだ小さいときに亡くなってしまったので、残った3匹のうちのミーシャだけが立ち耳です。一番下のミーシャは生まれたときには小さく80gしかありませんでした。上のお兄ちゃん2匹は体も大きく、耳もスコティッシュフォールドの名前通り、折れています。でも、ミーシャが一番かわいかった~!笑 <=養い親のひいき目☆

しかし… スコティッシュフォールドはおっとり動作で、おとなしいらしいのに、ミーシャは体も細いし、顔も細く、野生的。

young-misha2.jpg

じっとしているときは寝ているときだけ。スコティッシュフォールドって、落ち着いていると読んだので選んだのですが、すご~く活発です。オス猫ということもあるのでしょうが、元気!

young-misha3.jpg

どんなことがあっても、笑わせてくれるピエロのような子です。

young-misha4.jpg

我が家に来て、1ヶ月が経ちました。

young-misha5.jpg

肉球がピンク色でふんにゃり柔らかで、気持ちいい~☆

young-misha6.jpg

案外と立って遊ぶのが上手。お気に入りのおもちゃと一緒に。

young-misha7.jpg

やはり一番、こういう眠りにつく前のミーシャは天使~♡

反対にプレイモードに入ると、やんちゃモードON!

young-misha8.jpg



伊勢で、目覚めた!

ise-2ndday.jpg

お菓子ブログの方には、お菓子だけを、こちらには日々の出来事を綴ることにしました。まずは、伊勢の続き☆ 伊勢滞在の2日目はなんと3時半に起きてしまい、しばし読書をしてからシャワーをして全身を清めてから朝5時に宿を出発。もうすでに私の前を伊勢神宮の内宮に向かって歩いている人々が。赤福本店は朝の5時にすでに開店準備をしていました!

ise-2ndday2.jpg

雨が軽く降り、その日も雨。でも朝のうちは、小降りで傘もいらないぐらい。五十鈴川は澄み渡って、大きな鯉が泳いでいました。

ise-2ndday3.jpg

この日は早朝に内宮へお参りに。昨日の外宮は厳そかな雰囲気で襟を正さなくてはならない雰囲気があったのですが、内宮参りは、楽しく穏やかな気持ちで進みました。

ise-2ndday4.jpg

鬱蒼とした森の中は霧のような雲が流れ、とても不思議な感じでした。

澄み切った水と大きな黒い森。雨にくすぶる空には、手を伸ばしたら触れることが出来るような低い霧状の雲がたなびいていました。

外宮もそうでしたが、まさしく内宮も強烈なパワースポット。どちらも、違ったパワーを感じます。

ise-2ndday5.jpg

この流れの奥には、きっと神々が住む場所があるのに違いないと思えるほどの清冽さ。

ise-2ndday6.jpg

ここからは撮影禁止。正宮です。参拝客はまだまばらですが、きちんと守衛さんと宮司さんがいました。感謝の気持ちを述べて、お礼としました。

すべての別宮にお参りして、最後に庭の池を見やったら… まるで、内宮の鯉の神様のような、大きな金色の鯉が。この大きさ、驚異的!普通の鯉がすでにかなり大きいので、巨大な鯉でした!!!

ise-2ndday7.jpg

そこから、おはらい町通りを歩いて宿まで。そこかしこに、野良猫ちゃんたちが。子猫も4匹と母猫も一緒に見かけました!ミーシャと同じぐらいの月齢のような。

どのお店も軒下に、しめ縄のようなお飾りが。1年中、飾っておくらしいです。

宿に戻り、朝ごはん。ひとりで食べるのは味気ないですが、おひとり様席があって、庭を眺めながら食べました。

う~ん、食事は前の日も、その日もごく普通でしたが。フツーに美味しくいただけたので、まあよし☆

でも温泉はよかったです!笑チェックとする前に朝の贅沢タイム☆

ise-2ndday9.jpg

チェックアウト後は、またおかげ横丁に行ってお土産タイム。

ise-2ndday10.jpg

何気なく上の方を見ていたら…

ise-2ndday11.jpg

ツバメの兄弟。まだ幼い感じの2羽。

この2羽に夢中になっていたら、急に和太鼓の大きな音とお祈りのような声が… びっくりして振り返ると、法被を着た人たちが集まって、内宮の方に向かって何か儀式をしている最中。畏まり、その儀式に耳を傾け、『礼!』の掛け声と共に一緒に内宮の方へ頭を下げた。

それが終わったら、観光客も法被姿の地元の人々も、三々五々に日常生活に戻って行った。

ise-2ndday12.jpg

粛々とした心になり、その朝に一本筋が入った気持ちになった。

ise-2ndday13.jpg

この笹の木に願い事を書いた短冊を付けて来ました。

おかげ横丁をウロウロして、必要なお土産を買って。最後に伊勢醤油のソフトクリームを食べてみた。

ise-2ndday14.jpg

コクがあって、醤油を少し香ばしく焦がした(キャラメリゼさせた)味の塩キャラメルのような味わいのソフトクリームを朝に☆

宿のバスで駅に着いて、いよいよ鳥羽駅に向かいます。

だけれど、日本は旅行するのはとても高い!特に交通機関が高いので驚きです。だから国内旅行よりも、海外に出る方が多いのかも。

ise-2ndday15.jpg

おかげ横丁のお店で、藍染された『松阪もめん』の『おかげ犬』を買って、それに外宮で購入したお守りを付けて夫へのお土産です。彼は仕事で来れなかったので、その昔、主人の代わりにその飼い犬たちが伊勢参りをしたという『おかげ犬』。そのワンコちゃんを一緒にバッグに入れて鳥羽に向かいました。


今回の旅で、今まで考えたこともない答えが見つかり、愕然としました。それが私の本意だったとは… 今は、その答えがあまりにもショックで、自分との気持ちの間に折り合いがつかず、苦しんでいます。だけれど、きっと今、その本心が分かってよかったのでしょう。もっと大変になる前に分かってよかったのだと、ラッキーだったのだと思います。

これからのことは未定です。私は何もしたくないというか、するのが怖いのです。何かしたら、失敗してさらに苦しいのではないかと… そういう気持ちと格闘しながら、でもこれではいけない!と思う自分もいて。今は、何も決めないことが最良策なのだと思います。そう人生の先輩にもアドバイスされて、昨日、ふと本屋で目に留まった『般ニャ心経』という、薬師寺執事長の加藤朝胤さんの書いた本を何気なく開けてみたら、『何もしないという行動』とありました。

いつも動き回っていなくて、いいのです。

”何も「しない」ことが、時としてあなたの人生を豊かに導いてくれることがあります。何かを「する」という能動的な選択肢ではなく、何も「しない」という選択をすることにより、見えてくるものがあるのです。”

少しの間、そういう状態でいたいと思います。

sleeping-misha3.jpg



sidetitleプロフィールsidetitle

minou

Author:minou
マレーシアのスバンジャヤで、ミーシャとカリッシと夫と生活中。 
好きなものは、美味しいもの、旅行、美しいものを見て写真を撮ること、瞑想、ヨガ、絵を描くこと、まったり独り時間。
楽しく愉快な毎日を過ごしています♡




sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
名作ゲームソフト
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。