スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サグーンで。

sahagun15.jpg

サグーンの手前は、このVirgen del Puente教会を通るルートになっていた。でも、今、ガイドブックを読み直すと、国道沿いの道をまっすぐ進んで、直接サグーンに入ってもよかったらしい。しかし、黄色の矢印はこの教会の方にあった。なので、みなほとんど、遠回りルートに進んだと思える。

sahagun16.jpg

残念ながら教会は開いてないし~!でも、石像が2体。ここからサグーンに入るようです。

sahagun17.jpg

聖人とテンプラー騎士団の騎士といった感じの石像。

sahagun18.jpg

しかし、ここからが長かった~!川べりの道を進み、そこから街の入り口へと進む。何とも言えない、裏道街道みたいな雰囲気の場所を抜けて、鉄道の近くを進む。

sahagun19.jpg

やっと街中に。公営アルベルゲの脇にはインフォメーションが。ここも教会の建物を利用している。

sahagun20.jpg

もう少し歩いて、中心部ぐらいで簡単なランチ。チョリゾーだけがたっぷりと挟まっているサンドウィッチ。そして、午後からは街の探索。

教会がたくさんある街なので、内部見学できると期待して行ったら、ほとんどのところが閉まっていたのが残念。

まずは、Aeco San Benutoと呼ばれるアーチを写真に収めてから、近くのサンタクルーズ博物館と、San Tirso教会へ。

sahagun23.jpg


教会の方はこれは遺跡。

sahagun21.jpg

博物館の方は、教会の博物館で確か巡礼者割引があったような。ここでクレデンシャル(巡礼手帳)にスタンプを押してもらいました。

sahagun22.jpg

サクサクと見学して、終了。地図を見ながら、次の教会へ。そして、市庁舎あたりも見ながら、その日の夜の晩御飯スポット探し。

sahagun24.jpg

ここも開いてなかったSan Lorenzo教会。

sahagun25.jpg

こちらのIglesia San Juan教会も。なんじゃ~!ここは。何にも開いてないじゃん。もしかしたらという淡い期待を持って、公営アルベルゲの中にある案内所へ。聞いてみたら、すべての教会は閉まっていて、開いているのがすでに行った博物館と、これから行こうかどうしようか?と迷っていたIglesia Senora la Peregrina教会。ちなみにこちらも、博物館で、午後2時までは開いているとのことで、行くことに。案内所で、「そこではこんな巡礼路半分記念の巡礼証明書がもらえます」と見本を見せてもらったので、2つ返事で行くことに!クレデンシャルにスタンプもらって、地図見ながら出発~♪

かなりあちこち、ウロウロして到着。

sahagun26.jpg

ちょっと、街の外にありました。ここで、私はIglesia Senora la Peregrinaの博物館の受付の女性に、「どこから来たの?日本?えっ?博物館も見学するの?証明書と合わせて3ユーロね。ところで、あなたが実に初めての、博物館見学する東洋人よ!東洋人は、みな証明書だけもらって、帰っていくの」と言うことで、ご満悦の彼女から、フランス語で直々にガイドをしていただきました。(受付はその間、無人状態!笑)

sahagun28.jpg

現代美術品と中世の宗教的美術品のコラボという感じの博物館でした。時間もあったし、ゆっくりと博物館全体を見学(^^♪ と言っても、2時に閉まってしまうので、それを気にしながら。

sahagun29.jpg

名前の通りにここでは、ペルグリーナ(女性の巡礼者)が祭ってあります。彼女は、昔、この地方に実際にいた女性で大金持ちの土地の有力者の奥さんだったらしいです。

sahagun27.jpg

ちゃんと巡礼者なので、杖とひょうたん、そしてホタテ貝、またなんと麦わら帽子までかぶっている~!ひぇ~!今までカミーノの教会で見た中で、一番美しい俗っぽい像でした。もちろん、一巡礼者だし、それは当たり前なのかもしれませんね。それに昔の巡礼者と言っても、大金持ちの奥さんだからお召し物が違う~☆ (笑) でも、美しい像だったので、しばし見惚れていました!

sahagun30.jpg

ここで一番惹かれたのは、この原板のイスラムのアラビア模様。ところどころ原板が残っていて、それが非常に美しくありました。こういうところにイスラム文化の名残(スペインの巡礼道は、その昔イスラム教徒に占領されていた)が残っているなんて、なんとなくアルハンブラ宮殿を思い起こすような...

そんなこんなしているうちに、出入り口に小さなバッグを忘れてホステルに戻ってしまい... 気が付いたときにはもうすでに2時をだいぶ回っていて、シエスタの時間。仕方ないので、5時に戻ってみました。そのときにホステルを出ると、なんと日本人の年配男性の2人に出会いました。おしゃべりして、一緒にペルグリーナの博物館へ。私のバッグはありました!よかった...

sahagun33.jpg

これが証明書。ところがリュックに入れて置いたら、見るも無残な姿に... 仕方ないなぁ。きれいな姿は、この画像に残るのみ☆

sahagun31.jpg

泊まったホステルは、カミーノのすぐそば。いや、カミーノ上なので、すごく便利なところ。安いし、古いけれど、きれいで大きくて文句なし♪ 

sahagun32.jpg

その夜の外は、とても寒かった~!ごはんを食べに行くのが、寒かったことだけを覚えている。(笑)
スポンサーサイト

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

見るも無残な証明書(笑)。
でもそれはそれでいい思い出?

なーんにもなさそうなところにポツンと建っている石像、いいね~。

Re: No title

reeちゃん、私もそれでいいと思っているよ^m^
この青い色は、ごみの袋のインクだとか。。。
実はリュックの中に日本のごみ袋(未使用のもの)を入れてその中に物を入れておいたのね。
その袋の自治体マークがブルーで、それが証明書についてしまったり。笑
端がしわくちゃなのも、いい感じ!?

うん、この石像のおかげで、ここからサグーンに入るんだと思えた~☆
sidetitleプロフィールsidetitle

minou

Author:minou
マレーシアのスバンジャヤで、ミーシャとカリッシと夫と生活中。 
好きなものは、美味しいもの、旅行、美しいものを見て写真を撮ること、瞑想、ヨガ、絵を描くこと、まったり独り時間。
楽しく愉快な毎日を過ごしています♡




sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
名作ゲームソフト
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。