スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24日目: カミーノReliegosからTrabajo del Caminoまで。

leon.jpg

いよいよこの日は、レオンに入ることになっていた。でも、レオンはどのアルベルゲもその日は、満室ですごい大盛況ぶり。その理由は着いてから分かったのだけれど、私は行く2日前にそれが分かっていたので、レオンから出てトラバホ(Trabajo del Camino)まで。全行程25.6km。このころから、1~2日前ではなく、もっと前にアルベルゲでもどこでも予約を取っておかなくてはならないと思い始めた。なぜなら、レオンを過ぎたら、巡礼者も多くなって来て、さらにもっと行ったサリアでもそれを感じた。しかし、レオンからすでにその兆しがあって、今年は10月を過ぎても巡礼者が多いと、アルベルゲの人たちは言っていた。(彼らにとってはいいことですよね~!=商売繁盛☆)

leon2.jpg

このフラットなメセタ地方が寒かった!朝と夕方のことですが、この日も朝は1℃!10月の日本よりも寒い~!もちろん、車のウィンドシールドにも、そして野原にも霜が降りていました。空はこんなに青いのにね~。

leon4.jpg

寒いのなんのって。最初の5分ぐらいばブルブル寒くて体も縮こまってしまうのに、10分もすると温かくなって元気に歩けます☆

leon3.jpg

朝日の中に、ここにも巡礼者の銅像が。こんなふうにカミーノ沿いの村々や街は、巡礼者を昔から受けて入れて来たのかと、その長い歴史にありがたい気も。

leon5.jpg

この日も、延々と道路沿いを歩きました。特にここから、車の行き来が激しくて、いくら巡礼者用に路肩が普通の路肩の2倍ぐらいの大きさとしても、なんとなく歩くのも怖いような。Puente Villarenteの街は、まんまその中を歩き、気もそぞろ。

leon6.jpg

この街で、カナダ人のだんなさんと日本人の奥さんのカップルに出会い、しばしお話ししながら歩きました。そこから、少し郊外の原っぱや放牧してある牛の群れを見ながら、丘を上り、小さな町を通って進みました。

leon7.jpg

そんなふうに道路脇を延々と歩き、やっとレオン郊外に。この青い歩道橋をジグザグに上って下りて。小さめの町のようなところを歩いて、レオンはまだ!?

leon8.jpg

まだか?と思っていたら、このライオンのマーク。レオンですね~!Leonは、Lyonに通じるものが。どちらもライオンが街のシンボルに。

途中、教会を通り、街中を歩き、マロニエの実を見つけ、街の中心部を目指して歩行中♪

leon9.jpg

これがマロニエの実。食べられません。しかし、栗にそっくりね~!名前もマロンの木(Marronier)だし。

leon10.jpg

レオンには、やはり橋を渡って行きました。やっとのことで、レオンの旧市街に到着。この石の門を越えると、レオンの街中~♪

leon11.jpg

公営のアルベルゲの前。なんだか開放的な広場。

leon12.jpg

レオンの紋章にもライオンが描かれているけれど、街の中にもライオンのモチーフがありました。

leon13.jpg

ひとつの広場では、市場が。

leon14.jpg

お菓子屋さんもいろいろと。

leon15.jpg

こちらはあのガウディの設計した建物。今は銀行です。

leon16.jpg

その日は土曜日だったせいか、とにかくすごい人!やはりレオンは都会~!それに街並みもとにかくステキ☆

leon17.jpg

なんとなく開放的だし。

leon18.jpg

これがレオンの大聖堂。ステンドグラスがどれも美しく、印象的でした!

leon19.jpg

大聖堂の周りでは、やはり市場が。それにしても、ごった返しというのはこういうことを言うの?と言うぐらいにすごい人々!

leon20.jpg

テントは市場。建物もステキ。

ここで、午後の3時間を過ごして、さらに約2.5km先のTrabajo del Caminoまで。ここは... ちょっと怖くなるぐらいの雰囲気のある郊外の町。まあ、夜は一人歩きしない方がいいような場所のような。詳細は知りませんが。でも、もしかしたらそんなに危なくないのかも。とにかく、そこでアルベルゲを探してウロウロ。とうとう、そのトラバホの町を通り抜けてしまいそうになり、慌てて地図を見て引き返して。

引き返したところで、地元のおじさんに、「そっちじゃないよ、カミーノは今来たところをまっすぐ行きなさい」と親切にも声をかえてもらいました。いえいえ、この通りにあるCasa Simonと呼ばれるアルベルゲに行きたいのですと答えると、一緒に私の地図を見てくださり、「この通りなら、こっちだよ」と親切にもそこまで連れて行ってくれました!

ほら、この通りだ、ここを下りていけば、きっと見つかるからと親切にもおしえてくださいました☆ 出会ったところから、300mは少なくても歩いたから、本当にありがたいです。おじさんの手をつかんで、思わずありがとうございました!と感謝を伝えたら、向こうも感激してくれたようで、2人でしばし盛り上がって~。(笑)

無事に教えられたように行ってみたら、ありました!よかった~☆ ここは料理が美味しいとのことで、その夜はきちんとご飯を食べられたし、翌日の朝食にも大満足。何よりも、ここの働く女性(おそらくオーナーの妹さん?)が大変親切で、気持ちの良い人でした。泊まったアルベルゲの部屋もトイレもシャワーもきれいで、よかった~

leon44.jpg

明日は、そのレオンの街中をさらに詳しく紹介します!

お知らせ: やっと、またお菓子作りが出来る余裕が出て来ました。これからはゆる~りとしたお菓子作りを心がけています。それも心の栄養お菓子から、Realヘルシーなものまで、こんな時にはこんなお菓子という具合に☆ レシピもまた載せるので、よかったら作ってみてくださいね!それに応援もポチポチとよろしくお願いします

 ぱにぽぽのゆる~りキッチン♪
スポンサーサイト

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

レオンくんの絵がかわいいね。
ライオンが・・・すっごい守られている気分じゃないかな。

親切な人って言えば、アメリカでもそうだけど多いと思う、
他人に対してフランクだし。
日本は道行く人に聞き辛い。
キャッチかと思って無視されちゃうし。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

reeちゃん、ライオンが地名になっているヨーロッパの都市って意外とあるんだなと思ったよ。
そういえば、韓国人もやはりおせっかいなほど、優しいの^^
同じような経験をしたことがあるし。
フランス人は、個人主義だから冷たい^m^
だから、アメリカとフランスって案外と敵対視するのはそういうところ!?
って、アメリカ人はフランス人に対してフレンドリーだけれど、フランス人が案外とアメリカ人に対してライバル視しているのが見ていておかしい感じ!笑 

Re: No title

鍵コメらあさん、自然体が一番だと思います。
そちらに惹かれる必要はありません。信じる必要もないと思います。
でも、愛情を込めて大切にしていたペットは別格ですよね。

物理量子学の学者とか、そちら系の理数学者でもスピリュチュアル系を唱えている人もいます。
私の知り合いだったあるアメリカの有名な心臓外科医(こちら部門ではアメリカでは1,2のレベルの大学の大学長でした)も、神様を信じていらっしゃいましたよ。彼は、難しい心臓病の手術を成功させて彼の技法が主流になったらしいですが、それは自分の力で生まれてきたものではないと言っていました。彼はクリスチャンです。

あくまでも、自分の運命を決めるのは自分です。
他人でもないし、他の物ではないと思います。
占いにしても、あくまでも参考に。それが絶対ということはないですから。
何よりも、自分を信じて大事に愛すること。
それは、余計な心配をしたり、自分を苦しめることではないということを学びました。
自分を甘やかすというわけではなく、どんな自分でも受け入れて愛すことが出来たら、一番の良い友になりますよ^^

信じる必要のないものは信じなくていいのです。
辛い時とか、悲しい時には何かにすがりたくなりますが、一番いいのは自分の中にある真の自分にすがることだと思います。
もちろん、何かの形で助言を受けたとしても、それを受け入れるかどうかはあくまでも自分です。

だから、自分と向き合う時間(ウォーキングとか)があったら、いいのかもしれませんね♡


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: To newme870さん

鍵コメらあさん、その通りだと思います!
私も時間がとてもかかりました。らあさんは、早めにそういう日が来ますように☆
でも、自分がいるからこそ、出来ることばかりですよね^^
だから、大切にしてあげてください♡
sidetitleプロフィールsidetitle

minou

Author:minou
マレーシアのスバンジャヤで、ミーシャとカリッシと夫と生活中。 
好きなものは、美味しいもの、旅行、美しいものを見て写真を撮ること、瞑想、ヨガ、絵を描くこと、まったり独り時間。
楽しく愉快な毎日を過ごしています♡




sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
名作ゲームソフト
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。