スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31日目: カミーノ・HerreriasからTriacastelaまで。

triacastela.jpg

ヘレリアスの朝は、ソワソワドキドキ。もちろん、馬に乗るからでした。私は馬が好きで、乗馬もかなりした方だと思うので(あくまでもレジャーで)、乗馬に対してドキドキというよりは、馬に触って乗ることができる興奮という感じでしょう。そして朝10時出発なので、32.2kmの行程の日だったので、本当にその日に予定通りにTriacastela(トリアカステラ)に着くかどうか、ドキドキでした。普通の道のりではなく、1,300mの山を越えて、それも尾根伝いに山々を渡り歩いて、そこから一気に670mぐらいのトリアカステラまで下りるという行程。それが膝の痛みをさらに増長させて歩けなくなったらどうしよう?という恐れになって、ソワソワでした。

左ひざは、かなりひどい状態で、左後ろの臀部まで痛みが走り、ヘレリアスに到着するまでに薬局に行けず、後悔いっぱい。何しろ、次の薬局はトリアカステラ。それもその日は土曜日で、午後2時までに到着しないと、週末で薬局は閉まってしまうので、とうとう薬局はトリアカステラでも行けないということが分かっていたので、なおさらドキドキ!悪くなりませんように。

みんなにカミーノ3大難所のひとつ、オセブレイロを超えて32.2kmも1日で進むなんて無防備だと土地の人にも言われたぐらいだったので、心もくくって何があっても必ずトリアカステラまで無事に行こうと決めました。無茶せずに確実にゆっくりと進むこと。だいたいオセブレイロの頂上までの8.2kmは馬に乗って行くのです。

9時過ぎには馬場に着いてしまいました。

triacastela2.jpg

このリタちゃんに私は乗ることに。一緒に行くのは、オーストラリア人の夫婦でした。

triacastela3.jpg

この前で、待っていると、韓国人のソンさんと、ミャンフンがやって来て、ミャンフンに抱きしめられました!久しぶり、いやフォンセバトンからモリナセカ以来。3人で一緒に写真を撮ってもらい、しばし談笑してお別れしました。ソンさんはこのチップスの袋を持っていたのですが、後からまた一緒に歩くことになったときも同じ袋を握りしめていました~(笑)

あの朝は、やはり山の中、ちょっと寒かったです!

triacastela4.jpg

配られたヘルメットは、私のレインジャケットに合わせて、ピンク色。まあ、女子力UPでいいんじゃん!?

triacastela5.jpg

最初はこんなふうに車道を行きました。徒歩の巡礼者も同じです。前を行く、オーストラリア人の女性の乗る白馬と私の乗るリタちゃんは、犬猿の仲らしく、ときどき2頭で険悪さマンマン!リタは私と同じくせっかちで、前へ前へと常に突き進みたいタイプの馬で、前の白馬は、いたってマイペースで、1頭だけ寄り道したり、進度を落としてペースを乱すタイプ。

triacastela6.jpg

途中から、左のトレイルへ。ここからカミーノは山道で舗装されていない歩行者専用の道へ。

triacastela7.jpg

だんだんと石ゴロゴロ、岩がツルツルと滑る険しい道に変わり、山の木も栗が大部分のルートでした。あまりにも足場が悪いので、何度も馬が滑るのはちょっと怖かったかも。特に目前でオーストラリア人女性の馬が後ろ足を滑らせて、足を踏み外したときは、見ている方が怖くて小さな悲鳴が出てしまった私。

リタは、なんと大汗をかき始め、毛が汗で濡れて来て、触るとじっとりと濡れていて登り路は大変な仕事なんだなと感じ、私ができるのはリタの首回りのほんの一部をマッサージすること。

triacastela8.jpg

途中の村での水飲み場は、馬たちにも恩恵が☆

triacastela9.jpg

歩く巡礼者たちは、休憩タイム。みんな今日はオセブレイロまで行って終了なのでしょう。

この後も、栗の森を歩いているとき、栗の実がガサっと急に落ちて馬の体を直撃したり、かなり危ないところ。ヘルメットをかぶっていてよかった~!

triacastela10.jpg

途中から、リタは2番目を歩き始め、ハッピーでした!あの白馬は一番後ろをウロウロ。みんなそれぞれのポジションでハッピー!

triacastela11.jpg

山の中の野原では、三毛猫に遭遇!何か小動物を追っていました。

triacastela12.jpg

もうすでに下界はこんな感じに。

triacastela13.jpg

ガリシア地方のモホンを通り過ぎました。このころになると、みんな寡黙に。だんだんと馬に乗っていることが寒さのために苦痛に。膝のために乗ったのに、その左ひざも痛い。困った~!

triacastela14.jpg

リタも、いろいろと足場をうまく探してくれ、かなり登ることに慣れているので安心な馬。

triacastela15.jpg

オセブレイロの頂上付近で下馬して、リタにお別れ。帰りは自分で下りていくのでかなり楽なはず☆ ここまで、どうもありがとう~!

triacastela16.jpg

まずはバルに寄ってから、オセブレイロの教会へ。雨が降って来ました。でも、これぐらいなら大丈夫!

triacastela18.jpg

巡礼者を守る聖人たち。お礼を言いました。

triacastela17.jpg

出入り口で、クレデンシャルにスタンプをもらって、時間的にも行かなくちゃ!

triacastela19.jpg

さらりと、お土産屋さんを外からのぞいて行きます。こんな山の上に、ケルト人の文化や慣習が残っているので有名なガリシア地方。

triacastela20.jpg

右は、そのケルト人の伝統的な家屋の博物館。中は薄暗く、画像に収められたのはこの1枚。ここで雨が本降りになり、みんながレインギアに変え始めたので、私も、レインパンツを取り出して履きました。

寒い、とにかく寒い!体の芯まで冷え切って、これで本当にあと25kmも歩けるのかと心配に。

triacastela21.jpg

左の藁ぶき屋根が典型的なケルト人たちの家。まだこの地方に残っています。

triacastela22.jpg

井戸にも、カミーノの象徴のホタテ貝と、そしてケルト文化の紋章まで。

triacastela23.jpg

ここはガリシア。名物のタコ料理も山のてっぺんでも食べられるみたいです。ここでランチを食べて行かないと、これから山の中をず~っと行くので、最後のチャンス。

もうすぐでオセブレイロの村も終わりというところで、レストランバルを発見!

triacastela24.jpg

まだランチタイムが始まらないので、食べられるものはサンドウィッチかスープということでしたので、私はスープを。

triacastela25.jpg

冷え切った体には、こんなスープが最高!!!心から温かさに今度は溶けてしまいそうに。心地よいスペースで、ず~っといたいような... これは、ガリシア地方の典型的なスープで、ジャガイモと白菜に似たような葉物野菜が入ったスープ。シンプルだけれど、とても美味しいです☆

triacastela26.jpg

ここは、この日の天国でした。これから地獄のような25km(トリアカステラの端まで歩いたので)が待っていました。想像していたけれど、さらに大変だったかな。なんと到着したのが、夕方の6時ごろ。その話は続きます。

さて皆さん、私はブログのLINEを始めました。このブログと、もうひとつのブログの2つのLINEです。ブログにも書かないことなど、面白いこととか、役に立つことの情報も入れ込む予定です。

友だち追加数

 やっとお菓子ブログの方、更新できるようになりました。よかったら、 見てね~!

ぱにぽぽのゆる~りキッチン♪
スポンサーサイト

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

膝がそんな状態になってたとは!!

その後の長い道のりを歩くのも大変だったでしょう?

帰って来てからはどう?
膝はよくなった?

Re: タイトルなし

reeちゃん、もう半分から最後は膝が痛くて、ず~っと足を引きずって歩いていたよ。
つまり、膝の使い過ぎだったの。
帰国して歩いても2時間程度になったら、やっと落ち着いたけれど、その代わり、左の股関節がおかしくなったまま。
いつも痛いし、きっとかなりずれているんだと思う。
整体とかに行ってもすぐに戻るから、もうこの痛みとは付き合っていくつもりで。苦笑
sidetitleプロフィールsidetitle

minou

Author:minou
マレーシアのスバンジャヤで、ミーシャとカリッシと夫と生活中。 
好きなものは、美味しいもの、旅行、美しいものを見て写真を撮ること、瞑想、ヨガ、絵を描くこと、まったり独り時間。
楽しく愉快な毎日を過ごしています♡




sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
名作ゲームソフト
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。