スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第33日目:サリアからポルトマリンまで。

port-marin.jpg

カミーノを終了して、すでに10ヶ月。はるか昔のような気がしたり、昨日のことのように思い出したり。このごろ、またぜひカミーノを歩きたいと思う自分がいます。まだ、左後部臀部の痛みは残っているというのに。運動するときに感じるときがあります。カミーノ痛~ それに右足にもいろいろと支障が残っているのですが、こちらはマイナー(?)なことですが、ちょっと次回に行く前に医者に診てもらうつもりです。

いや、すぐに行くつもりではないのですよ、あと2年後ぐらいに。行きたい~!

さて、10か月前のことを完全には覚えていませんが、画像を見ているうちにいろいろと記憶が戻って来たので、覚書としてここに書き留めておきたいと思います。

サリア(Sarria)からポルトマリン(Portomarin)までは、わずか22.1km、高低差は300mぐらい。この先の街まで行こうよと誘われましたが、なんとなくPortomarinという名前に惹かれて、ここに泊まることに。Portoは港でしょ、Marinということは水とか、海とかでしょ?と思ったのが最初。写真では晴れた日のポルトマリン(高台にある)の街中から大きな川を眺める構図を見て、いいな!って思ったのです。

port-marin2.jpg

前日のサリアではコインランドリーで洗濯したり、日曜日なのに薬局がやっていて、痛む膝のための薬を買ったりサポーターを買ったりして、野暮用で忙しくサリア観光はせずに終わり。雨も降ったし、宿(ペンションで一人!)で、ゆっくりしたのでした。

翌朝は、雨。丘になっている旧市街地を抜けて、素敵なアルベルゲ(巡礼宿)の前を通り過ぎて。こんなところだったら、いいね!とにかくスペインはどんな田舎に行ってもWifiが飛んでいるので、宿やカフェでネットに繋がるのがよかったです!ここにも、そのマークが付いているし。

port-marin3.jpg

ここで朝ごはんを食べていきたい~!という誘惑を断ち切って進みます。

雨だし、なるべく早く目的地に着きたいです。

port-marin4.jpg

街の外れに来ると、小さな教会(サン・サルバドール・イグレッサ)とその向こうに修道院がありました。どちらも月曜日なので開いていませんでした。ここを曲がって、森の中へ。中世の橋を渡って進みます。

久しぶりに傘をさしている巡礼者を見かけました。サリアの手前から、歩く巡礼者がとても多くなるのですが、彼らは1週間弱の道のりなので、傘とかさしているんですね。長い間歩くとなると、傘は邪魔。やはりレインコートとかポンチョを着るのがラクちん。

port-marin5.jpg

モホン(道標)も、サンチアゴまで111kmであることを示しています。あああ、あと1週間もしないで、ゴール。感無量。

ここでだいたい巡礼者たちは2組のカテゴリーに分かれます。早くゴールのサンチアゴに到着したくて、今までのペースよりも飛ばして押せ押せで行くタイプと、「ああ、もうすぐ最終地だ。残念!もっと長く歩きたいから、ゆっくりと進もう」というタイプです。

私?どちらでもなく、途中で自分で作った日程表を元に歩いたのでした。なんせ、毎日、重たいリュックは専門の業者さんに次の目的地まで運んでもらうサービスを利用していたので、もうカミーノ10日目には、全行程を割り出して泊まるアルベルゲ、ペンション、あるいはホテルの予約を取りまくっていました。ネット環境は大切だし、ネット上で予約が無理なところは、現在泊まっている宿の人たちにお願いして次の宿へ電話をしてもらい、予約を取ったものです。

途中、病気を2回したので、そのたびに行程表を見直したり、宿のキャンセルや再予約をしたり、あるいはやはり歩いているうちに、「こっちのルートを進みたい」となると、また宿のキャンセルや取り直しをしました。なかなか、これが大変だけれど、一人旅だったので気を抜かずに。

port-marin6.jpg

右上の線路を渡ると、サリアともお別れ。自然の中の道を歩きます。左上のスペイン人男性と奥さんはとても良い人たちで、しばし一緒に歩きました。彼らと2日ぐらい一緒に前後して歩いたのです。サモスの修道院に行く前のトリアカステラの路上で、二手に分かれる道で話したのが最初でした。ここで彼らは、山越えを。私はおしりと膝が痛かったので、平坦だけれど長い距離のサモスを抜けるルートへ。平坦なはずなのに、山道ばかりだったのが???でした。

そして一夜明けたら、またカミーノ上で一緒に。

port-marin7.jpg

大きな大きな栗の下には、雨に濡れるバナナさんたち。Donativo(寄付制)と書いてあります。お金がある人はここにわずかのコインを入れて、ない人はそのままバナナをもらってもOK! こうやって森の中でも、巡礼者たちのためにフルーツとかが置いてありました。私も、ここで朝ごはんとしてバナナをいただいて、コインをチャリンチャリンと入れて...

ブエン・カミーノ(よい巡礼を!)を書いてある紙も、そろそろお別れが近づいたと思うと、なんとなく寂しい気持ちになりました。

port-marin8.jpg

もう、すっかりと秋。このときは、10月12日、月曜日。ちゃんと月曜日だと覚えているのだから、面白い!笑

port-marin9.jpg

雨の日に歩くのは全然いやじゃなかったです。それよりも、好きだったかも。もちろん、レインコートとパンツの着脱は面倒でも、どんなにグショグショに濡れても、歩くのは気持ちがよかった~!なんか、雨に浄化されているような感じがして、好きだったのです。

嫌いだったのは、強風の日。向かい風だとかなりメゲました。

port-marin10.jpg

森の中の草原をSenda(センダ)というのですが、快適でした。どこもかも、緑。苔むしていて、なんとなくアイルランドみたいで素敵!そう言えば、このガリシア地方はなんと、大昔、ケルト人たちがイギリスやスコットランド、アイルランドなどから移民して来たのでした。船に乗ってやって来て、このギリシア地方に落ち着いたのは、かなり故郷に近い風景が広がっていたからなのでは?と思います。

おばあちゃんが軒先でラズベリーを売っていたので2ユーロでお買い上げ。ちょっと高いけれど、なんとなくラズベリーが食べたかった!庭で採れたやつです。

この箱を持って雨の中、歩くのは意外と大変。笑

port-marin11.jpg

101kmのモホンの写真を撮るときには、その上に置かしてもらってパチリ。

右のような風景が延々と続きます。とっても気持ち良いルートでした。

port-marin12.jpg

途中の何もない牧草地で、1頭の人懐っこい馬に遭遇~♪ この子がラズベリーを欲しそうだったので、その場で洗いもせずにちょっと食べて、あとはこの子に寄付しました。笑 

port-marin13.jpg

そんなことしているうちに、あの有名な100kmのモホンみっけ~!!!

みんなここで、思いっきり記念撮影です。順番待ちして自分の番を。巡礼者のひとりに写真を撮ってもらい、良い記念に☆

最初は、グループに所属して楽しかったのに、日程が違って来たら彼らとは2度と会えませんでした。その後は、みなそれぞれグループが出来上がっているので、入れずにひとり歩き。でも、毎日歩いていると、何日間かは一緒に歩く人たちや、出会う人たちが現れるのです。これでけっこう、寂しくなくなりました。

同時に私は意外と孤独でもOKということを発見!一人で歩く方が、深い瞑想状態に入ってしまい心地よいのでした。

port-marin14.jpg

サリア近くからよく見かけるようになった、シャコベオ。これがこの地方のカミーノのシンボルマークです。

port-marin15.jpg

もちろん、こちらの貝殻の黄色の矢印も健在です。この黄色の矢印にどんなに励まされ、勇気をもらったか... カミーノを歩く者にとって、黄色の矢印は、昔の航海士たちの北極星と同じ役割を果たしています。

port-marin16.jpg

うっすらと靄も立ち込めて、霧雨が降るのは本当にアイルランドみたい~!

port-marin18.jpg

この看板に惹かれましたが、もう少しと思い、歩き続けて...

port-marin17.jpg

時間的にも1時過ぎになったので、その次のカフェでランチを。この大きなミートパイが気になっていたので、やっと1枚ゲットしてみることに。

まあ、とてつもなく大きかったのですが、ペロリと1枚簡単でした!意外とおいしいんです、これ。

port-marin19.jpg

本当にケルト文化を彷彿させる建築とか、シンボルまでありました。

port-marin20.jpg

アイルランドみたい~!って、何回も思いましたよ☆

port-marin21.jpg

ガイドブックによると、もうそろそろ、ポルトマリンです!

この農家の軒先でも、巡礼者のための差し入れが。やはりお庭で採れたんでしょうね~。

port-marin22.jpg

ここでも、休憩所になっていて、ポルトマリンに入る前にマンダリンオレンジをいただきました。

port-marin23.jpg

プラス、巡礼手帳にセルフスタンプを押して。

port-marin24.jpg

やっとポルトマリン!アクアダクトも、ローマ時代の遺産物です。

port-marin25.jpg

この川、大きい~!

でも、私が頭の中で描いていたポルトマリンと程遠く、ちょっと期待外れ。まあ、そういうこともあるでしょう。雨だし、とにかく寒かった!!!

port-marin26.jpg

橋を渡って、左側がポルトマリンへの入り口です。ここから宿にたどり着くまでが、大変でした!なかなか見つからず、ウロウロ。やっと丘の上のホテルを見つけました。ホテルと言っても、ペンションよりもきれいではなく、ちょっとビックリ。そして浴室はシェアなので、なかなかシャワーの時間が回って来ず、これならアルベルゲの方がよかった?なんて思いました。

気を取り直して、旧市街地へ。グレーな日で、どんより雲。おまけに心底寒い日でした。ありったけの服を重ね着したのですが、それでも寒い。それでも、途中で韓国人のヨンオに会って、一緒にお茶していたら、今度は日本語の話せてフランス語もペラペラな韓国人の女の子と、スペイン人男性も加わって、ひととき、おしゃべりに花咲きました~☆

そのままリバーサイドビューのあるレストランへ移動。ものすごく混んでいて、やっと自分たちの番が回って来て、一緒にごはん。

port-marin27.jpg

このスープ2種類が、ガリシア地方の郷土料理のスープです。これらの作り方もケルト人起源らしいですが、野菜もたっぷりで日本人の口にもとても合うはず、かな。特に手前のスープは、まさしく味噌汁!というような味でした。

port-marin28.jpg

これに、メインの肉とフリット。

シンプルな内容だったけれど、満足~♡

巡礼中は、もう毎日がクタクタなので、夜の10時前には自然と眠くなって、早い人たちはなんと8時半ごろ寝袋に入っている人たちも。私も、早めの時も夜更かしの時も。だいたい個室の時は夜更かし~♪ そしてアルベルゲで寝るときは早めに寝る毎日でした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今思うと、本当にすごい事をしたよね。
私だったら一人じゃ不安で不安で絶対参加出来ないもん。
その上また参加したいって気持ちになってるってのもすごいわ。

Re: No title

reeちゃん、返事遅くてごめんね!
うん、でも自分で心からやりたいことは絶対できるということだと思うの^^
楽しかったし!また行きたいよ~☆
sidetitleプロフィールsidetitle

minou

Author:minou
マレーシアのスバンジャヤで、ミーシャとカリッシと夫と生活中。 
好きなものは、美味しいもの、旅行、美しいものを見て写真を撮ること、瞑想、ヨガ、絵を描くこと、まったり独り時間。
楽しく愉快な毎日を過ごしています♡




sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
名作ゲームソフト
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。