スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目のウォーキング

2nd-walking.jpg

昨日は、コーチ役の夫に「Jonzacの街まで歩いて戻って来るコースで行こう。それできちんと荷物を背負うこと」と言い渡されて、きちんと歩くトレイルコースまで選択してくれる熱の入れよう!笑 5時間半も歩いたことになる。1時間5~6km歩くとして、きっと27kmちょっとは歩いたことになる。休みは15分間と、足が痛くて座り込んで手当をした5分ぐらい。だから、かなり歩けたと思う。今朝は腰が重く痛い。昨日は荷物を背負って歩いてみた。8キロぐらいに減らして歩いたけれど、歩いているうちは全然OKだったのに、昨夜から腰痛というやつ。

朝は、足指にワセリンを塗って5本指ソックスを履いてから、今度はトレッキング用の厚手の靴下を。これが間違いの元だったのかもしれない… 豆は出来なかったけれど、爪が両足で4本ダメになってしまったみたいで、血が溜まりうっ血状態。途中、あと4km残すところでギブアップして、5本指ソックスを脱いでまたワセリンを塗って1枚だけのソックスにしたら痛さも軽減して歩けた。こうやって、実践で学んでいくのね~、と思う。今は腰が痛い。

昨日の練習で分かった事。いくらでも歩ける、足指が痛くなければ。笑 それも気持ちよく。ただし、顔がヒリヒリと痛い(日焼け止めを2回塗りなおしたし、帽子もかぶっていた)ので、今日は例のマスク的な覆いをするつもり。でもきっとすご~く怪しい人になって警察に通報されたらどうしよう!?笑 その覆いはモンベルで購入したかなり派手色のグリーンだもの!今日は、コーチは一緒に歩くそうだ。昨日は自転車だったから。コーチの方がやる気満々で、「僕なら、難なくカミーノを歩き通せるよ」とのたまう。確かに、そうだろう。彼は、やはり私よりも行きたいに違いない。


2nd-walking3.jpg

前置きはこれぐらいにして… 昨日の様子。写真がたくさんですが、言葉は少な目で☆

夫は自転車で。

2nd-walking4.jpg

どこもかしこも、ブドウ畑かとうもろこし、あるいは刈り入れを待つひまわり畑。ここら辺のブドウはほとんどがワイン用というよりは、コニャック用に。あるいは、シャラント地方の地酒、ピノーになる。

2nd-walking5.jpg

ピノーは食前酒で発酵させたブドウジュースとコニャックを混ぜて作る甘いお酒。

2nd-walking6.jpg

トレイルを進んで行くと前から古いシトロエンがやって来た。なんでここに?と思っていたら、おじいさん2人と狩猟犬たちが乗っていた。ハンティングの季節なの?と思い、夫に聞いてみたら、始まったばかりらしい。車が止まったところで、おじいさんがライフル銃を持ち、狩猟犬が4匹車から降りて来た。

2nd-walking7.jpg

フランスのトレイルはこんな印が付いている。赤と白は巡礼の道の印でもあるそうで、これを辿っていくとピレネー近くまで行けるのかな?

途中、川を調べに行く夫について行ったり、アップアンドダウンの多い丘陵地帯を通り過ぎて、なんとなくお目当てのJonzac(ジョンザック)に近いのが分かって来た。以前サイクリング中に通った道だ。


2nd-walking8.jpg

そして、なんと馬に出会う。すご~く人懐っこく、夫が先に撫でていた。これじゃ顔が見えないけれどとても美しい馬だった。これは昔は働く馬だったらしい。だから体も足も太い。たてが長くて、きれい~!

2nd-walking10.jpg

名残惜しく立ち去ると、馬は今度 は杭で顎を掻いていた。笑

2nd-walking11.jpg

川の脇を歩いていくと、ジョンザックに到着!ここで2時間ちょっと。自然公園の中を通り、水路の脇を行き、カモやワンコを見ながら進む。


2nd-walking12.jpg

おなかすいた~!と言うことで、頭の中はパン・オ・ショコラでいっぱいになり、まずはブーランジェリーへ。ショーウィンドーのパン・オ・レザンにもクラクラしたけれど、バゲットも買わなくちゃいけないし、私たちは5ユーロしか持ち合わせていない。笑 

2nd-walking13.jpg

なので、パン・オ・ショコラをゲット!夫はバゲットをちぎって、ムシャムシャ。私はパン・オ・ショコラをシェアするつもりだったので、少し上げた。笑 リュックを下すのが、爽快~!ウォーキングスティックを忘れないようにしなくちゃ…

2nd-walking14.jpg

あれれ?うぁ~い!郷土菓子のガレット・シャランテーズを発見!!!美味しそうだけれど、高い。

2nd-walking15.jpg

そのまま、城下町の門をくぐって、シャトー(城)までの石畳を歩く。途中、かわいいヨーキーに出会って、シャトーまで。今、お城はジョンザックの市役所として使われている。


さて、帰ろう。今度は城下町の古い部分を通り抜けて、新しい道へ。国道はビュンビュン車が通る。歩道がないので、路肩を歩く。こわ~い!

しかし、途中にムーラン(風車。ここで粉を挽いている)を見に丘の上へ。まだまだ元気!

2nd-walking16.jpg

新しい道には、ちゃんと自転車道があったよ。ただし、どこまでも登り道。途中、川を眼下に見下ろして。

途中、脇道にそれて、誰も通らないような村の小道を進む。だけれど、これは遠回り。しかし、車道をまっすぐ行くよりも、気分的にも安全。これがね…帰りは登り道ばかりだったし、森の中や村の小道を通ったから、すご~い遠回りになっちゃって、帰りは3時間もかかった!!!

2nd-walking17.jpg

写真では全然分からないけれど、手前がメルローか、ソービニョンなのか分からないけれど、赤いブドウがたわわになっているブドウ畑。その奥の木はグリーンアップルの木で、すごく美しかった。近づいてもっと良い写真をiphoneで撮ろうとしたら、左足に熱い激痛が!Nettles(イラクサ)と呼ばれる草に足を踏み入れたので、それに刺されて皮膚が焼けるように熱く痛い!やっちゃった…

2nd-walking18.jpg

持っていたステロイド剤のクリームを塗ったら、よくなった。重いリュックを背負っているだけのことはあって、薬袋も持っているのだ。



2nd-walking19.jpg

森の中は涼しい。

2nd-walking20.jpg

ところが抜けたら、ピーカンですごい照り。

え~ん、もうランチの時間はとっくに過ぎて、何よりも足指が痛くなって来た。靴下をぬぐまで、2kmは自転車にバトンタッチ。笑 あまりにも痛くて歩けなくなっちゃったので、リュックを背負ったまま、今度は夫に歩かせて、私は自転車へ。楽ちんだね~!

2nd-walking21.jpg

また救いが… どうやら、私は食べ物を見ると元気になるらしい。今度は桃の木を発見!それも、ブドウ畑の際に生えていると言えば、ペッシュ・ド・ヴィーニュ!

2nd-walking22.jpg

さっそく熟していそうなものをもぎって、食べてみたら最高に甘くて美味しい。笑 ペッシュ・ド・ヴィーニュはピスタチオクリームと一緒にタルトにすると、超うまいっ!

痛いのも忘れて、桃に夢中になる。爆笑!

2nd-walking24.jpg

あれれ、夫が今度は隣の木にネクタリンを発見。こちらもすご~く美味しかった。帰宅して遅めのランチを食べる私に、「明日は僕も歩くよ」と言う夫。コーチ熱もますます熱く…


スポンサーサイト

テーマ : フランスの生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメMちゃん、いろいろと考えてくれて、ありがとう。
でも、まだどうなるか分からないので、帰国してからかと。
それも、どうなるか!?
行けたら行きたいですが、本当に引っ越すのなら、行けない可能性の方が大きいかも。
なぜなら、たくさんやることがあるし、手続きも煩雑。
でも行ってみたいなぁ〜(^-^)/

No title

足の爪・・・つらいよね。
父ちゃんがスカウトのハイキングでなってたっけ。

8キロの荷物・・・それを聞いただけですごいと思っちゃう。
ハイキングシューズは足に合ってるのかな?

桃~~~!!
これってヴァンさんのご実家の庭にある木なの?

Re: No title

reeちゃん、靴はきちんとフィッティングしてもらったけれど、難しいね。
靴下2枚の兼ね合わせが難しいのかも。
2足あって、今、両方持っていくかどうかで悩んでいるの。

桃の木は、お隣りさんのもの。
でもいつもOKなの。
おばあちゃんで、あまり食べないから。
sidetitleプロフィールsidetitle

minou

Author:minou
マレーシアのスバンジャヤで、ミーシャとカリッシと夫と生活中。 
好きなものは、美味しいもの、旅行、美しいものを見て写真を撮ること、瞑想、ヨガ、絵を描くこと、まったり独り時間。
楽しく愉快な毎日を過ごしています♡




sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
名作ゲームソフト
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。