スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3日目: ZubiriからPamplonaまで

20150914133042074.jpg

9人部屋で、そのうち男性が6人という初めてのアルベルゲ(巡礼宿)体験は便秘になった。笑 シャワーもトイレも一緒の部屋にあって落ち着かない。2段ベットが3つ、そしてシングルベットが3つで私は2段ベットの下を割り当てられた。や同部屋の何人かと近くに夕食に行って、みな早々と10時前には就寝。何回か目を覚ます。耳栓をしているので、何回かイビキが聞こえたけれど、眠れた。ただし、5時には教会の鐘の音で叩き起こされた!すぐ近くに教会があった。

8時に朝食を食べて、みんなそれぞれ、出発。私はゆっくりと支度して階下に降りたら、同室のリズが待っていてくれた。アメリカ人のリズとは、Zubiriに着く最後の坂で出会って、偶然にも同じアルベルゲ、それも同室、隣同士の2段ベットの下だったのでお隣りのよしみというやつだ。

彼女はなんと去年、この「フランス人の道」の巡礼初日にピレネーの山越えの下りで転んで両足の足首を怪我して、パンプローナまで救急車で搬送された。そこの病院で足首の複雑骨折と判断され、アメリカへ緊急帰国して、カーボン合金の板とネジ9本で繋ぐ手術を受けたらしい。その時にウォーキングステッキを2本持っていたけれど、役に立たなかったので、今年は持ってこなかったと言っていた。だけれど、やはり下り坂はやはり必要なので、私のを1本貸した。

20150914132314c2c.jpg

途中、やはり初日から仲良くなったアメリカ人のアン、アントン、イタリア人のアントニオの3人と前後しつつ進む。

基本的にカミーノでは英語が共通語だ。でも、もちろん母国語でも話す。

毎日、土地の人とは、スペイン語がナーダな私はゼスチュアと片言のかなり限定されたスペイン語と英語を混ぜてコミュニケートする。歩いていると、この3日で2人のスペイン人男性にビズゥ(頬を合わせて、チュっと口で音を立てる挨拶)された。驚いたけれど、オープンなアメリカ人の女の子は、挨拶して来たおじさんにビズゥした後に唇にもキス!!!目が点になった私にニコっと微笑んで歩いて行った。

20150914132407690.jpg

前日、ミネラルウォーターを買えなかったので、水飲み場でボトルに水を詰めて一休み。ここで昨日会ったジェイリーとニックの親子に出会った。

20150914132453c52.jpg

水汲み場の脇の家。ステキ!みんなここで、記念撮影してた。

20150914133003fa3.jpg

途中、巡礼中に恋に落ちて結婚したカップルが、この朽ち果てた教会を購入して改築工事を進めていた。ここでもクレデンシャルにスタンプをもらい、寄付をした。中は、再現されたら、素晴らしいと信じる。天井が美しかった。なんと地下にクリプト(地下墓地)があって、整備が終了次第、近くの大学と一緒に発掘作業に入るとのこと。壮大なプランに拍手!

20150914133106357.jpg

昨日はこんな小川が何ヶ所かあって、小さな石橋もあり、どちらからでも渡れるようになっていた。

20150914133134d21.jpg

カミーノを歩いていたら、あるお宅の庭に巡礼者に見えるように、こんな昔の巡礼者の石像とサンジャック(聖ヤコブのシンボルの帆立貝)と杖とひょうたんの水筒(巡礼者のシンボル)を見かけた。

20150914133203c5c.jpg

壁のグラフティーにも、サンティアゴまでを指す黄色の矢印発見!これを見ると、心強い。

20150914133227f77.jpg

途中、ずっと川のそばのカミーノを行った。

20150914133247996.jpg


この近辺の村々は、川のそばにあるところが多い。村には、橋を渡って入る。

20150914133309ca7.jpg

待ちに待ったバルに到着。巡礼者でごった返し。日本人のTさんとAさんのご夫婦にまた会って、しばし談笑。私はリズとデイブとドイツ人女性と一緒に座った。ここでクレデンシャルにスタンプをもらい、朝からお腹が空いている私は、おやつタイム。

20150914133338bde.jpg

野菜不足を補うため、ほうれん草のトルティージャ(オムレツ)と、ネクタリン、フレッシュオレンジジュースをガッツリと。オムレツ最高〜!


20150914133413ef0.jpg

猫もいた。こちらはママ。1匹のミーシャぐらいの月齢の子猫がいた。まだおっぱいを飲んでいた。ミーシャ、どうしているかな?

20150914133501623.jpg

羊の群れのすぐ側を通り抜け、通り雨にあうこと数回。

20150914133539d62.jpg

小さな集落を超えて進む。今日もだんだんと左肩が痛む。案外と多くの巡礼者が小さなバックパックだけ。大きなリュックは泊まるアルベルゲに搬送してもらうのだ。同じアルベルゲに泊まった大学生ぐらいの2人の韓国人女性たちも、昨日のリュックすがたと違い、身軽だった。私もじかいはリュックを先送りしようと思う。

201509141336006ed.jpg

秋を感じさせる自然。

20150914133625a04.jpg

ここら辺はまだフランスのようねと語り合いながら、歩く。

201509141336510f0.jpg

古いチャペルとそのすぐそばの農家。

2015091413370970d.jpg


黒い子豚や、にわとり、ガチョウに七面鳥。普通の七面鳥と真っ白のやつがいた。白いのは初めて見た!

20150914133741ec4.jpg

歩いて行くと、山道で若い韓国人女性が足を痛そうに引きずって歩いていた。リズと助けようと声をかけたけれど、大丈夫だと言う。でも、とても痛々しい。心残りながら、そのまま立ち去った。荷物だけ持ってあげたいけれど、私たちも自分のリュックを背負っている。

そして、上のような街が見えた!パンプローナ?と思っていたら、前を進むスペイン人男性に違うよ、と言われてガッカリ。この頃には、左肩に激痛で歩くのも苦痛になっていた。聞けば、あと1時間ちょっとらしい。5kmちょっと。

2015091413381345a.jpg

Arreと呼ばれる大きな街にまた石橋を渡って入った。しばし、石橋にリュックを預けて休む。もう左肩は悲鳴を上げていた。

気を取り直して橋を渡った先にアルベルゲのマークのAとその脇に巡礼シンボルの杖とひょうたんのリリーフを発見して嬉しくなる。こんな些細なことで嬉しくなるのだ。

2015091413383741e.jpg

その下に小さなチャペルがあった。そこでスタンプを押して中に入る。

20150914133902503.jpg

小さいけれど、美しい祭壇があった。

2015091413392432a.jpg

大きな街の中を進み、パンプローナ4kmの標識を見たら、涙が出そうになった。

201509141339545b6.jpg

20150914134022e89.jpg

また雨が降って来た。

20150914134042c4f.jpg

貝殻の壁が目を引いた家。

201509141341046e5.jpg

12世紀に造られた石橋を渡ったら、もうパンプローナ。最後の力を振り絞る。

201509141341355e9.jpg

渡った先にカミーノの道標が。

ここでアルベルゲを探すリズとお別れ。私は2泊、この街でするのでホステルを予約していた。地図を調べると、ちょっと遠い。内心、ため息をつきながらホステルのある通りを見つけ始めた。地図は、大まかな通りしか表記してないので、分からなくなって何度か土地の人たちに尋ねた。

通りが分かっても、肝心のホステルが見つからず、その通りの上まで歩いてしまった。また空腹、喉が渇き、肩の痛みにヘトヘトになり、心の中で何回も神様に祈る。空腹と喉の渇きは、日曜日だけれど開いていたベーカリーで菓子パンと水を買って解決。よく考えて、通りを下ってみた。

201509141341588b3.jpg

秋を感じるね。

心細くなった頃に、その通りがまた3つに分かれた先にやっとホステルを見つけた!ヤッタァ〜!!!

ドアを開けたらホステルの受付の女性が「あなたのアメリカ人の友達が待ってますよ」と言うので、???と思っていたら、上からリズの声がした!笑 パンプローナの入り口で分かれた彼女の方が先にチェックインしていたのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いよいよだね。
3記事を読んで、人間らしい事をしているんだな、って思った。
こうした事で人とのふれあい、優しさも悲しさも、多分意地の悪さとかマイナスの面にも触れあうでしょう?
便利なこの世の中で、表面だけになりがちな人間関係とは違った、素のままをお互い感じ取れるもんね。
特に疲れたり空腹だったりすると人って変わるし(笑)。
がんばってね、応援してるよ!!

Re: No title

reeちゃん、確かにいろんな人がいるし、私もそのひとり。
集団生活の中では、みんなと上手くやるのが一番大切。
でも疲れたら、シングルルームもあるよ^_^

あまり張り切りすぎないで、自分のペースで行こうと思う。
どうもありがとう〜!


sidetitleプロフィールsidetitle

minou

Author:minou
マレーシアのスバンジャヤで、ミーシャとカリッシと夫と生活中。 
好きなものは、美味しいもの、旅行、美しいものを見て写真を撮ること、瞑想、ヨガ、絵を描くこと、まったり独り時間。
楽しく愉快な毎日を過ごしています♡




sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
名作ゲームソフト
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。