スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5日目: PamplonaからPuenta La Reinaまでvol.1

20150917011647b89.jpg


夕方になると、wifiが途端に超スローになり、ネット環境が悪くなる。まるで一昔前のフランスのネット環境のようだ。毎日、こんなふうなので、何もはかどらない。まあ、これもこうなんだと割り切ってしまえばOKで、イライラせずに済む。今日は、ほんの4km先のEstella(エステージャ)まで来て、投宿先のB&Bにリュックを置いて観光に出かけ、2時過ぎに戻って来たら、もう今日はゆっくりと。ツインルームをひとりで。こちらは日本と違って、一部屋で払う。シャワーと
トイレは共同だけれど、とてもきれいで清潔。昨日のアルベルゲとは大違い!

実は雨の中、2日歩いて夜、出かけた際に寒かったら、途端に風邪を引いた。アルベルゲ(巡礼宿)でかなり気を使い、同室の若いスペイン人男性グループが夜中にうるさかったり、おじさんたちのイビキが絶え間なく続いたり、12人にトイレがひとつだったり、いろいろと書き出したらキリがない。具合も悪くなる。笑

今朝は、同室のアメリカ人男性のでっかい目覚まし時計音に起こされて、普通だったら、みな静かにヘッドランプを点けて気を遣いながら部屋の外で荷造りをするのが暗黙の了解なのに、断りもなく部屋の電気をつける自己チューぶりに朝から驚く。彼とあんまり英語の上手ではないドイツ人おばさんのペアでカミーノを歩いている。カミーノの即席連れ合いというヤツだ。このアメリカ人おじさんのイビキはすごかったなぁ…

という訳で、私は心身ともに疲れている7日目。言葉が理解できると、知りたくもないことも同室のよしみで聞こえてしまう。そういうものを吸収したり、グループごとの軋轢にただただ、すごいなと思う。カミーノでも、ムラが出来る時があるのだと改めて感じた。今、たぶん一番、心身ともに厳しい時期なのかも。これを過ぎたら、笑ってやり過ごせるのかもね〜!今晩はひとりで気兼ねなく☆


さてさて、1日長くパンプローナにいたので、気の合う仲間たちとはお別れになってしまったので、ひとりで歩いている。ひとりと言っても、前後に巡礼者が歩いているので、今のところ安心!ひとりのいいところは、自分のペースで好きなように歩けること。写真を撮れること。


20150917011743e29.jpg

まずは、ペルドン峠目指して登る。リュックは先送りしているのでラクちん〜!こんな風に時折、休んだり。ここにベルギー人の若い男性のお墓があった。カミーノでは、巡礼者のお墓を見かけることがある。巡礼の旅は、確かに心身ともにかなりの負荷がかかるから、最初はゆっくりと無理をしない事と、あった。それを守ってます。20日までは、様子見でゆっくりと進み、それからはガイドブック通りに進めたらすすむというスタンスで。やはり、完全踏破したいから。

201509170118364d9.jpg

ほとんどのスペインの教会は閉まっていることが多いけれど、ここは運良く開いていた。

20150917012031bd4.jpg

ペルドン峠のある山のてっぺんには、たくさんの風力発電のタービンが。

2015091701261421f.jpg

そして、あまりにも有名な巡礼者のモニュメント。

ここからは、砂利道ゴロゴロの足元が危ない下り道。

20150917012806d3e.jpg

その石ころを積み上げて、山のようなところに、こんな巡礼者の石発見!ブエンカミーノ!って書いてある。直訳すれば、良い巡礼を!と言った感じなのかな? みんな、そんなふうに声かけします。


20150917012913195.jpg

小さな村を通り抜けて、教会堂が開いていれば、中を見学しながら、クレデンシャル(巡礼手帳)にスタンプを押してもらったり。

201509170133387cf.jpg

昔ながらの水飲み場で、水を汲んだり。

2015091722073716a.jpg

アルベルゲが開くのを待ったり。

20150917220822e8c.jpg

ナヴァラ地方で初めて見かけたブドウ畑。


20150917220920f32.jpg


途中から、ウナーテに向う。3kmぐらい余計に歩くので、多くの人たちはそのまま、本道を進んだ。

途中、バルを見つけたので、ランチタイム。寂れたバルで、苦手なジャガイモ入りのオムレツを。トルティージャと呼ぶらしいが、苦手意識を克服しようと注文してみたら、ボソボソで味がなくてちょっと、、、(ただし、翌日食べたのは実に美味しかったよ!) アンチョビーとオリーブは美味しかった。普段は飲まないコーラを毎日カミーノが始まったら、飲み始めた。スペインのコーラは、そんなに甘くなくて、喉を潤すのにちょうどいい感じ。

20150917221010959.jpg

ランチ終了〜♪

ウナーテ行きは、しばしひとり。ちょっと心細い。こうやって、モホンと呼ばれる道標を見かけると、嬉しくなる。途中から、後ろから来たアイルランド人女性2人組と一緒に歩く。

20150917221156563.jpg

途中、ブドウ畑を右手に見かけたり、


20150917221403189.jpg

パプリカ、いや、チリの畑を通り越した。

201509172214533a7.jpg

無事にウナーテの聖母マリア教会に到着!スタンプももらいました。

201509172216234f7.jpg

祭壇に何かいるのが分かる!?

2015091722171022a.jpg

祭壇の上には、お花のブーケ。

20150918014958260.jpg

幼子イエスを抱く優しげなマリア様の像。

201509180234140cb.jpg

で、薄暗い祭壇の足元のストゥールの上には、面白い黒白模様のメスのネコちゃんが鎮座していて、物怖じせず。触ってみたら、ゴロゴロ言うではありませんか!

そして、私の顔を見て、短くニャアと鳴いて、挨拶してくれました。すご〜い思い出に!!!

20150918023558380.jpg

外の柱。

20150918045419e9a.jpg

こんな形の小さな教会堂。ただし、マジック力をたくさん出しているパワースポット。この場所、かなりのオーラがありました。平和でよく守られた場所です。素晴らしいー!

20150918045615834.jpg

今度は裏道を抜けて、オバノスを目指します。まだまだ、目的地には遠いかも。
スポンサーサイト

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

minou

Author:minou
マレーシアのスバンジャヤで、ミーシャとカリッシと夫と生活中。 
好きなものは、美味しいもの、旅行、美しいものを見て写真を撮ること、瞑想、ヨガ、絵を描くこと、まったり独り時間。
楽しく愉快な毎日を過ごしています♡




sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
名作ゲームソフト
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。