スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9日目: Los ArcosからVianaまで

20150924004853710.jpg

今日は14日目。Agesという村まで28km程度、歩いて来た。今日は、オカ(Oca)と呼ばれる山を越えたことになるけれど、だんだんと歩くペースもつかめて来て楽に長距離を歩けるようになった。痛いところも、肩がリュックを背負うと痛いだけ。20km以上歩く場合は、荷物を次の場所まで送ることにしている。

明日はいよいよブルゴス(Burgos)まで。今日は、不思議な体験をした。いつか話す機会がありますように。今、夫も決断をする時期が来た。今度は彼が自分で選ぶことを私は望んでいる。

カミーノに来て思ったことは、今を生きること。楽しむこと。過去を振り返って後悔したり、あの頃は良かった何て思ったり、将来のことをいろいろと心配しないこと。毎日、私は軽くなっている。体重は変わらないかもしれないけれど、身体が締まって若々しい身体になっていると思う。今日は、25歳と20歳の女の子たちと歌って楽しんでいたら、私の年齢を言ったら、すごく驚いていた。25歳だとおもっていたと。爆笑!素顔で歩いていると、若く見えるようだ。

日本にいると、たくさんの責任や自己をわきまえる事とかが必要になって、反対に年取った気がする。今の自分が好き。素顔で気構える事もなく、今を生きている。人の事を考え、譲り合い、自分の枠をぶち破って新しい自分を見つけている。

さて、5日前のことを書きますね。

20150924004952b7e.jpg

朝夕は薄いダウンジャケットを着てやっと快適というかんじだけれど、昼は暑い。

20150924005059ce3.jpg

朝早くから歩き、今日はログローニョの前のヴィアナまで。

20150924005226ddb.jpg

最初の村を通る。

20150924005412e85.jpg

ここは十字軍の騎士たちが建てた教会。

201509240055026d3.jpg

形も変わっていて、歴史的に貴重な教会。

20150924005614444.jpg

アーモンドの木を初めて見た!自分の土産に4つ、拾った。

20150924005727091.jpg

アーモンドの並木を歩く。


20150924005812909.jpg

ぶどう畑もたくさ〜ん!

20150924005900728.jpg

何だか日本的にみんな石を積む。

20150924005938836.jpg

こうやって、アーモンドを収穫していたよ。

@@@@続きは明日にします。10時に消灯なので、寝る用意をしなくちゃ!

明日が明後日になっちゃいました。

2015092401015172f.jpg

ヴィアナに着いて、まずはアルベルゲへ。18人部屋で、窓際の2段ベットの下をゲット。これが幸も不幸も分からないけれど(結果的に)、ドイツ人の父娘3人組との出会いだった。お父さんが私の上のベッドで、彼の大きなイビキと、ipodと、貴重品バッグが2度に渡って私のベッドに落とされるというよなかに怖い経験をしたのだけれど、後から何度も会って、娘さんたちとは、仲良くなった!

シャワーと洗濯の後は、街中へ。まずは大聖堂へ。クリスチャンではない(無宗教)ので、教会には、芸術見学に行く。とにかく、美しいので見惚れるところが多いです。

201509240102346dd.jpg

広場前。夜は週末でもあったので、子供たちがたくさん遊んでいた。アメリカ人たちが、アメリカの子供達はしたくてもできない光景だね、とため息まじりに言葉を放った。確かに。


20150924010312ab0.jpg

このカフェで、エクアドル人だけれど、現在はロンドンとスイスにそれぞれ家があり、住んでいる女性2人組と一緒におちゃして、おしゃべり。アニータとモニカ。私よりも年上だけれど、話し易い。彼女たちはお金持ちなので(私の推定ですが)、アルベルゲには泊まらずにホテルかペンションへ。荷物も送る。大変なところはタクシーで。

彼女たちとは、歩いているときに、何回かすれ違って仲良くなった。この街で別れて7日間、会わなかったのに昨日の朝、たまたま朝ごはんに寄ったカフェでバッタリ!向こうも私の事を昨日、どうしてるかしら?と話していたらしい。モニカが、私たちがあなたをひきよせたのね!と嬉しそうに言ってくれた。この後、昨日は20km近く、一緒に歩いた。

2015092401040436b.jpg

私たちのテーブルの脇には、このワンコちゃんを連れたスペイン人のカップル。私に、闘牛をどう思いますか?と聞いて来た。闘牛も日本の捕鯨と同じように、伝統行事だけれど、国際問題を醸し出しているテーマだ。

私は、捕鯨の事もあるので、その国の伝統的な慣習に対しては、殺人とか暴力でない限り、可否を決める事なく、判断しない事にしていますと答えたのをアニータたちに訳してもらった。

彼らは闘牛反対派だった。モニカたちの訳した言葉を聞くうちに、私は闘牛は見に行かないと決めた。モニカやアニータたちも、小さい頃からエクアドルで家族と一緒にお祭りで楽しく、闘牛を観戦していたらしいけれど、これからは観たいとは思わないと言っていた。

もちろん、闘牛は伝統だから、私は反対はしない。現に私は牛肉を食べる。だけれど、恐怖で死んでいく動物を見るのは、私は個人的には好きではないということだ。

20150924010501cbc.jpg

彼女たちと別れて歩いていたら、20歳のチェコ人のモニカと会った。彼女と一緒に夕食ということになって、裏道を行くと、このバルがペルグリーノメニューが8ユーロと格安だったので、ここに決めた。そうしたら、カナダ人のダイアンとアメリカ人のカップルと一緒になった。ここは、穴場で安いのに美味しい!笑

ここで、モニカ以外はミサに参加することにした。

20150924010622606.jpg

大聖堂の天井。


201509240107056a7.jpg

金ピカピカ、豪華絢爛!

20150924010740e9b.jpg

すごいな、と思う。むかしの匠の技は、人間の英知を超えたものがあったのでしょう。信じる力はすごい。

201509240108164f1.jpg

カミーノを歩いていて、奇跡のような教会の芸術作品を見たり、現に巡礼中の話を聞いて、信じること、それも良いことを(ここが大切)!)は、やはり不可能なことを可能にし、凄いものを生み出す原動力なのだと改めて思った。

スペイン語のミサは、フランス語にも増して、チンプンカンプンで、眠くなった。頑張って起きていて、最後に神父さんから、巡礼者は前に来てくださいと話しかけられた。前に行き、参加したじゅんれいしゃがしんぷさを取り囲むと、スペイン語、フランス語、英語で、それぞれの巡礼者に話しかけて、ブエンカミーノ!このまま最後まで行かれますようにと、一人一人に聖水をかけて祝福していただいた。これで最後までがんばれそう〜!

20150924011002ff5.jpg



スポンサーサイト

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Buen camino!
下は、私の一番好きな祈りの言葉です。
いろいろな意味で、押し付けるつもりはありませんが、今のあなたにふさわしいように思われましたので、
少々長くて恐縮ですが・・・

神よ、わたしをあなたの平和の道具にしてください。
憎しみのあるところに、愛を
いさかいのあるところに、ゆるしを
分裂のあるところに、一致を
迷いのあるところに、信仰を
誤りのあるところに、真理を
絶望のあるところに、希望を
悲しみのあるところに、喜びを
闇のあるところに、光をもたらすことができますように。

神よ、わたしに、
慰められるよりも、慰めることを、
理解されることよりも、理解することを、
愛されるよりも、愛することを
望ませてください。

自分を捨てて初めて自分を見いだし、
ゆるしてこそゆるされ、
死ぬことによってのみ、永遠のいのちによみがえることを
深く悟らせてください。

アッシジの聖フランシスコ「平和の祈り」

No title

素顔で気構える事もなく、今を生きている。人の事を考え、譲り合い、自分の枠をぶち破って新しい自分を見つけている。 you said this so beautifully. I feel the same about life. Thank you for sharing your journey. A friend of mine wanted to do this but I pushed it for later... I am inspired by your journey and I am motivated to walk as well. Take care and be safe. btw, I thought the Almond was アケビfor a second:)

No title

アーモンドってこうやって生るんだね~。

なんのしがらみがない状態、素の状態っていいよね。
私は今娘のバスケの事ばっかりで、それがちょっとストレスになってるみたいで、時々疲れた顔してる、って言われちゃってるんだ。
でも楽しい事は楽しいんだよ。

昼間暑くなって汗をかく、夕方から気温が下がって・・・そりゃ風邪ひくはずだね。
がんばってね!

Re: No title

あざらしさん、素敵な聖フランシスコのお祈りの言葉をありがとうございます。
アッシジ行ったことがあります。
私はクリスチャンではありませんが、聖フランシスコは動物を愛した心優しい聖人ですので、一番個人的に好きです。
ですので、大事に受け留めさせていただきますね。
ありがとうございます❤️

Re: No title

I try to be and it's working!
Btw, congratulations on your new blog.
I think it's a good tool to sort out my thoughts and refrase what I am thinking.
Happy blogging!

But they were green, you know(^ω^)

Re: No title

Reeちゃん、私も日本にいると、いつも疲れた顔をしてるみたいよ。笑
外国にいると、私の顔は生き生きとするみたい。
だって、去年、アメリカで撮った写真を見てた男性2人が、「これ10年ぐらい前?」.なんて別々の時に聞かれた!笑
よほど、ストレスいっぱいに違いない。爆笑

楽しいっていうことも、分かる!
それほど、心に留めて大切にしていることだから、余計にストレスになっちゃうのよね。
just enjoy!
sidetitleプロフィールsidetitle

minou

Author:minou
マレーシアのスバンジャヤで、ミーシャとカリッシと夫と生活中。 
好きなものは、美味しいもの、旅行、美しいものを見て写真を撮ること、瞑想、ヨガ、絵を描くこと、まったり独り時間。
楽しく愉快な毎日を過ごしています♡




sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
名作ゲームソフト
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。