スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第22日目: LedigosからSahagunまで。

sahagun.jpg

22日目は左ひざの大事を取って、16.4km先のPuerta de Sahagun(略してサグーン)まで。本当は11.3km先の村まで歩く予定だったので、後から、この分の調整をするのが手間取ったけれど、その日はサグーンで終了することにした。結果、代金(2ユーロ)は発生したけれど、『半分まで来た』巡礼証明書をもらえたし、ゆっくり出来たのでよかったと思う。

このカミーノで気づいたことは、私は計画魔だということ!!!これはすご~く意外だった。自分の中に、そんなDNAが流れているとは思わなかった... これは一緒に暮らした歴2年半の亡き父方のDNAなんだろうなと思う。常に用意周到に、2週間分の宿泊予定地を割り出して、km計算して地形の高低差から距離も考えて、ついでに宿(アルベルゲも含めて)の予約が取れるところはすべて取ってという具合に。サグーンの10日前にすでに10月16日にカミーノを終了させるべく、すべての宿泊地を決めておいた。予約もほとんどして、カミーノ・デ・フィステラの分も、サグーンあたりで割り出して、宿泊場所まで決めておいた。

だから、このように膝のために予定を変えて11.3kmの相違をどうしよう?とまた計算しなおすこともあったけれど、ホイホイと変更して辻褄を合わせて☆ こんなに計画魔だとは、思わなんだ!カミーノに来て、初めて知った私の隠れた性格。(笑) で、『あくまでもOOOまで行かなくてはならない』なんて、オール・オア・ナッシングではなく、臨機応変に考えて、こうしよう、ああしようとできるようになったのは、これは5年間のビジネス経験の賜物!なんでも、自分の血になり、肉になる~♪

sahagun2.jpg

カミーノは私の今までの持てるものを発揮する、そして新発見の旅♪ 応用編。

sahagun3.jpg

モラティノス(Moratinos)の村まで来たら、休憩を取るぞ~!と思っていたので、村を見てほっこり。前を歩くのは、オーストラリアの75歳と73歳の夫婦だ。一緒に左側のバル兼アルベルゲで、休憩を取りました。だんなさんの方は、とてもユーモアがあって、面白い。だんなさんがツッコミ役だとすると、奥さんは、ボケ役。2人の会話はほのぼの+だんなさんのドライユーモアを奥さんが天然で交わして、すごく味がある。

このときは、毎日2人に会っていたなと思い出す。だけれど、やはり途中から会わなくなってしまったのが残念!

sahagun4.jpg

モラティノスで見かけた丘のところにある入り口と煙突。初めは、登り窯なのかな?と思ったけれど、そんな感じではないし...

sahagun5.jpg

近くに行ってみたら、こんなドアが。ホタテ貝まで付いているのは、やはりここも古くからの巡礼路。

sahagun7.jpg

英語の説明版によると、これらは、この地方で使われるボデガ(Bodega)と呼ばれる貯蔵所。古いものは500年前に掘られたそうだ。粘土質の土壌なので、それを長い冬の間、子供たちが外で遊べない時期に、遊びで掘ったらしい。中は温かいし、退屈しのぎによかったのかも。粘土質の穴に空気が触れると石のように固くなり、貯蔵庫として理想的だったというわけ。今は、ちょっとした集まりもするらしく、煙突やTVのアンテナとかも付いているものもあった。

昔は、この一帯はブドウ畑で、どの家も必要な分のワインを作って、このボデガに貯蔵したものらしい。今では、この村でも2~3軒の家がまだワインを作るとあった。

sahagun6.jpg

粘土質の土壌は、わらと一緒に練って、土壁にもなるらしく、こんなおうちをよく見かけました。

sahagun8.jpg

えええっ!?ほんとにサンティアゴまで376km?本当?と思いながら、こういうのを見ると、うれしくなる☆

sahagun10.jpg

やはりブドウ畑が三々五々、ありました!細々ながら、この地方でも自分のところ用にワインを作るのは本当なのねと妙に納得した気分に。

sahagun9.jpg

で、さらにフラットな道は続きます。こういう時には、歩き瞑想に入っちゃいます。途中、細めた目から脳裏に光のプリズムが走り、すごい衝撃的な瞑想タイムでした☆ 全然、この地方は歩くのは面白くないなんて、違うじゃんと思いながら。私にとって、レオンまでの平坦などこまでもまっすぐな道は、絶好の瞑想タイムで、またここ歩きたい!と思ったほど。やはり人によって、物事の受け止め方は変わるということを理解した場所でした。

sahagun12.jpg

どの村に行っても、どこかのお宅でホタテ貝をモチーフに、家の飾りにしていたような感じです。それだけ、カミーノは土地にしっかりと根付いているという気がしました。

sahagun11.jpg

歩くのは、何も自然の中ばかりではなく、普通の道の脇の時も。平坦な道路脇はさすがに飽きる!(笑) ここを左に曲がって遠回り。その後にサグーンが見えた。

sahagun13.jpg

ところが~!やはり遠回りばかりで、右の方に逸れていく。う~ん、サグーンは目と鼻の先なのにね。どこ行くんだろ!?

sahagun14.jpg

かなり遠回りして行って、見えたのが中世の橋と教会。続きは↑で☆

スポンサーサイト

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もそうかも。
何時までにここまでやって、次は・・・って毎日やってる。
それで父ちゃんが一緒だったりするとそれがなかなか難しく、自分の計画通りに事が進まなくてイライラしちゃったり。
かと言って大事な事は全く無計画だったりするけどね(笑)。

Re: No title

reeちゃん、一人の時は案外といい感じで進むけれど、私も夫と一緒だとなんとなく予定がずれるかも!笑
大事なことが無計画、それも分かる~!同じかな。
あるいは、土壇場になって慌ててこなす感じ^^;
sidetitleプロフィールsidetitle

minou

Author:minou
マレーシアのスバンジャヤで、ミーシャとカリッシと夫と生活中。 
好きなものは、美味しいもの、旅行、美しいものを見て写真を撮ること、瞑想、ヨガ、絵を描くこと、まったり独り時間。
楽しく愉快な毎日を過ごしています♡




sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
名作ゲームソフト
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。